資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  8 難関上位 > 司法書士 資格 難易度


司法書士 資格 難易度

司法書士 難易度

司法書士試験の難易度は8としました。

本当は、難易度9にしようかと迷いましたが、以下に述べるようにある程度短期合格するための方法が固まっていることと、受験資格に制限がないので、難易度を9ではなく8としました。

司法書士試験の合格率は、ここ数年から10年程度は平均2.8%前後です。3%を超えることはまずありません。だいたい2%台での合格率となっています。

試験範囲の広さと専門性、合格率を考えると、現在の国家最難関資格と評価しても良いでしょう。

司法書士試験に合格するための秘訣は以下でご紹介します。

司法書士という資格を知っていますか?

司法書士とは、司法書士法に基づき他人の依頼を受けて登記又は供託に関する手続きの代理及び裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成等の法律事務を業とする国家資格者またはその資格制度です。

司法書士資格は社会的に地位の高い資格であることに間違いありません。

司法書士試験は受験制限はないので、誰でもこの社会的地位の高い資格を取得できるチャンスがあるのです。

司法試験が法科大学院制度に変わることによって、弁護士に求められる能力も変わります。

弁護士は主に大規模な民事事件および企業法務(商事法務)を扱うことになることでしょう。

それに対し、司法書士は今までの弁護士に近い仕事、小規模な民事事件を多く扱うことになるでしょう。

司法書士は、弁護士に代わる街の法律家の先生になることでしょう。

あなたにも「弁護士に代わる街の法律家」たる司法書士という社会的地位の高い資格を取得できるチャンスがあるのです。

社会的に地位の高い法律家である司法書士の試験がこれから簡単になるはずありませんよね。

合格率2%台(出願率比で2.8%前後)の超難関試験は変わらないでしょう。、2010年以降は出願33000人程度、受験26000人程度、合格者950人程度となっています。かなりの難関試験です。

合格のボーダーラインも2012年は212.5点、13年は207.5点、14年は215.0点(満点は午前択一が35問、午後択一も35問、1問3点、書式が70点で280点満点)実際はもっと高い得点でないと合格できないかもしれません。総合で8割程度を取らないと安心はできません。合格基準点もあり、1次試験択一が80%前後・2次試験択一が75%程度・書式が55%程度、これをすべて超えないと合格することはできません。問題の難易度も高いので、相当過酷な試験といえます。

では、超難関試験の司法書士試験に対応するための方法とは?

司法書士試験は、全く初心者が独学で短期合格できるほど甘い資格ではありません。

膨大な試験範囲、専門性の高さ、40倍近い倍率、しかも、何年も法律の勉強をしている力のある受験生と競わないといけません。

そんな超難関国家試験に独学で立ち向かうのは、ほとんど不可能に近いでしょう。

ただ、司法書士試験の勉強法はある程度固まってきており、対策次第で短期合格も夢ではありません。

では、全くのゼロから司法書士試験に短期合格する方法とは?

独学ではなく、毎年多くの合格者を輩出している学校から司法書士受験のノウハウを徹底的に教えてもらうことです。

長年真面目に勉強していても不合格になる原因には、膨大な試験範囲から重要事項を絞りきれないこと、専門知識の理解が不十分なこと、解答力の甘さなどが挙げられます。

以下で紹介する実績の高い司法書士専門の学校で徹底的に学べば、膨大な試験範囲をしっかり限定してもらえる、難解な専門知識を噛み砕いて教えてもらえる、多くの答案練習や添削を通じて解答力が磨けるなど、不合格の原因となることを徹底的に潰せます!

独学では到底できませんよね。

本気で司法書士に合格しようとしている受験生は、実績の高い学校に通い、講師から受験ノウハウを学び、不合格の原因となることを徹底的に潰して合格を果されています。

また、本気で合格を狙っている地方の受験生は、充実したサポートシステムのもと、通学生の生講義を収録した迫力のあるDVDなどで合理的に勉強しています。

現に司法試験や司法書士、公認会計士等の超難関試験に短期合格をしている人のほとんどは、実績の高い資格学校の通学・通信コースを合理的に利用しています。

旧司法試験に短期合格した2人の友人もそうでした。

では、どうやって実績の高い司法書士専門の学校を探すか?

インターネットから無料の資料請求をして司法書士試験の受験指導学校を探すのが一般的でしょう。

無料の資料とは、最新の受験情報や具体的な講座内容、合格者の体験記、その他、中には模擬講義や無料セミナーのDVDを送ってくれる学校もあります。

そこから相性の合う学校・講師を見つけて、全くのゼロからはじめて1発合格を果たした受験生もいます。

どんな学校が理想的か?

自分と相性の合う学校・講師がいること、そして、自分の実力に合った指導をしてくれる学校が理想的です。

個別指導か個別指導に近い状態で丁寧に教えてもらえるなら、自分に合った学習ができることでしょう。

司法書士専門の学校の中で隠れた名スクールとコースを紹介しておきます。

基本的には本人との相性ですが、個人的におすすめしている司法書士受験の予備校は「クレアール」の合格ルート2年セーフティコースです。

公認会計士の受験指導で有名な予備校ですので、公認会計士受験生ならみなさんご存知の学校ですが、むしろ、私は司法書士受験生にもおすすめしたい学校です。

「非常識合格法」を掲げる学校ですが、非常識ではなく、短期合格の王道学習を展開している予備校です。

大物講師の獲得、戦略的なカリキュラム、充実したテキスト、的中率の高さと理解力を高める問題演習、徹底したサポート力、3年、3000時間以上かかる司法書士を2年、2000時間程度で合格を可能にします。

現在、1.5年合格を可能とするコースも登場していますので、3年、3000時間の勉強時間を半分程度に短縮する勉強方法を教えてくれます。

それは、戦略的なカリキュラムに沿って、司法書士試験を知り尽くした講師がコンパクトかつポイントを押さえたテキストを使って分かりやすく講義をしてくれるからです。

また、サポート体制も万全で、通信担任制を導入、合格ゼミを開催、万全な質問体制、月に一度の個別面談を実施、フレキシブルな答練採点制度、学習時期に応じた特別講義を提供、懇親会を定期的に開催、再受講制度など他校ではありえない万全のサポート制度を実施しています。

また、通信生、通学生、併用生、自分のライフスタイルに合わせた受講スタイルを自由に選べます。

まさに、受験生に至れり尽くせりの学校です。

唯一の弱点はすべてが揃い過ぎてしまって、受講するだけで満足してしまい、復習等の自宅学習を怠ってしまうことです。

そうならないためにも、クレアールでしっかり学んだことを自分の血や肉になるまで復習してください。

現在、クレアールでは、初学者向けの特別セミナーDVDを無料で進呈しています。

短期合格の王道学習を展開しているクレアールの全貌が明らかになる貴重なDVDなのでご覧ください。

現在、他校や独学で勉強されている受験生にも見てもらいたい特別セミナーのDVDです。

内容に絶対の自信を持っているからこそ、全員に無料で進呈できるのです。

3年、3000時間の勉強時間を半分程度に短縮する秘訣が分かります。

「クレアール公式HP」から簡単にご請求できます。

なお、無料で3つまで請求できるので、特別セミナーDVDの他、初学者向けパンフレット等も合わせてご請求できます。

公式HPの左側「資料請求」から特別セミナーDVDをご請求できます。

「公式HP」はこちら⇒クレアールの司法書士合格ルート2年セーフティコースの資料請求

司法書士になれれば、独立開業して街の法律家の先生になるのも良し、法律事務所に勤務するのも良し、企業内司法書士になるのも良し、人生の選択肢が多くなります。

将来が楽しみですよね!

クレアールで合格した短期合格者に続いて今度はあなたが短期合格する番です。

まずは、クレアールの全貌が明らかになる無料の特別セミナーのDVDをご覧ください。

自分でも短期合格できる!と実感されることでしょう。

「クレアール公式HP」から簡単にご請求できます。

なお、無料で3つまで請求できるので、特別セミナーDVDの他、初学者向けパンフレット等も合わせてご請求できます。

公式HPの左側「資料請求」から特別セミナーDVDをご請求できます。

「公式HP」はこちら⇒クレアールの司法書士合格ルート2年セーフティコースの資料請求

司法書士に合格すれば、街の法律家になるのも良し、企業内司法書士なるのも良し、経験を積んで認定司法書士になるのも良し、将来が楽しみになりますよね!

難関に立ち向かうあなたを心から応援いたします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

ネットワークスペシャリスト試験 難易度

ネットワークスペシャリスト試験の難易度は8となっています。プロジェクトマネージャーなどと共に高度情報技術者の中でも難易度の高い試験となっています。合格率はだいたい12・3%程度と他の高度情報技術者試験・・・

システムアーキテクト試験 難易度

システムアーキテクトの試験の難易度は8です。合格率は15%弱とやはり難関です。システムと情報部門の高度な問題が多く出題されます。プロジェクトマネージャーやネットワークスペシャリストなどと比較しても何ら・・・

ITストラテジスト試験 難易度

ITストラテジスト試験の難易度は8です。プロジェクトマネージャーやネットワークスペシャリストなどと同様に高度情報技術者資格に分類されます。実務経験があっても働きながらですと2年程度の勉強時間は必要とす・・・

ITサービスマネージャー試験 難易度

ITサービスマネージャー試験の難易度は8となっています。合格率は15%前後とけっこう低めとなっています。やはり難しいですね。 このITサービスマネージャー試験はITシステムのサービス面での管理を・・・

エンデベットシステムスペシャリスト 難易度

エンデベットシステムスペシャリストの難易度は7となっています。合格率は15%超となっていますので合格しやすいという感じではありません。ITストラテジストやプロジェクトマネージャー試験ほどではないにして・・・

プロジェクトマネージャー 難易度

プロジェクトマネージャー試験の難易度は8となっています。情報システム業界の資格の中でもかなりの難関資格です。技術系の資格では弁理士・技術士とともに3大難関資格に入る資格といっても過言ではないでしょう。・・・

技術士資格の難易度

技術士の資格難易度は試験によって異なりますが、まあだいたい6から8程度の難関資格ですね。難しい試験に変わりないということだけはいえますね。 技術士試験は毎年30000人程度が受験、最終合格者数は・・・

システム監査技術者 資格 難易度

システム監査技術者の資格難易度も高いです。10段階評価の8弱レベルといってもいいのではないでしょうか。 対象者は被監査部門から独立したトップマネジメントの観点で、情報システムが経営に貢献をしてい・・・

上級システムアドミニストレータの難易度

上級システムアドミニストレータの難易度 上級システムアドミニストレータの難易度は8です。 合格率も10%と低く、試験内容も下記の通り、範囲も広く難題が多いことから、と ても難易度の高い試・・・

弁理士 難易度

弁理士 資格 難易度 弁理士の資格難易度は8です。 難易度8となると不動産鑑定士や司法書士と並ぶ難関試験です。こうしてみるとかなり難しい試験となっています。 弁理士受験生のほとんどは・・・

不動産鑑定士 資格 難易度

不動産鑑定士 資格 難易度 不動産鑑定士資格の難易度は8です。ただしこれはこのページを作成した2008年ごろの難易度で、現在は難易度が上がっており8よりも9になっている可能性が高いと見ています。・・・

税理士 資格 難易度

税理士 資格 難易度 税理士の資格難易度は8です。税理士試験は科目合格制度を採っていますが、1科目ごとの難易度も高く、かなり厳しい試験となっていることは確かです。最後の1・2科目がなかなか合格で・・・