資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  8 難関上位 > 司法書士 資格 難易度


司法書士 資格 難易度

司法書士 難易度

司法書士試験の難易度は8としました。

本当は、難易度9にしようかと迷いましたが、以下に述べるようにある程度短期合格するための方法が固まっていることと、受験資格に制限がないので、難易度を9ではなく8としました。

司法書士試験の合格率は、ここ数年から10年程度は平均2.8%前後です。3%を超えることはまずありません。

試験範囲の広さと専門性、合格率を考えると、現在の国家最難関資格と評価しても良いでしょう。

司法書士試験に合格するための秘訣は以下でご紹介します。

司法書士という資格を知っていますか?

司法書士とは、司法書士法に基づき他人の依頼を受けて登記又は供託に関する手続きの代理及び裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成等の法律事務を業とする国家資格者またはその資格制度です。

司法書士資格は社会的に地位の高い資格であることに間違いありません。

受験制限はないので、誰でもこの社会的地位の高い資格を取得できるチャンスがあるのです。

司法試験が法科大学院制度に変わることによって、弁護士に求められる能力も変わります。

弁護士は主に大規模な民事事件および企業法務(商事法務)を扱うことになることでしょう。

それに対し、司法書士は今までの弁護士に近い仕事、小規模な民事事件を多く扱うことになるでしょう。

司法書士は、弁護士に代わる街の法律家の先生になることでしょう。

あなたにも「弁護士に代わる街の法律家」たる司法書士という社会的地位の高い資格を取得できるチャンスがあるのです。

社会的に地位の高い法律家である司法書士の試験がこれから簡単になるはずありませんよね。

合格率2%台(出願率比で2.8%前後)の超難関試験は変わらないでしょう。、2010年以降は出願33000人程度、受験26000人程度、合格者950人程度となっています。

合格のボーダーラインも2012年は212.5点、13年は207.5点、14年は215.0点(満点は午前択一が35問、午後択一も35問、1問3点、書式が70点で280点満点)実際はもっと高い得点でないと合格できないかもしれません。総合で8割程度を取らないと安心はできません。合格基準点もあり、1次試験択一が80%前後・2次試験択一が75%程度・書式が55%程度、これをすべて超えないと合格することはできません。問題の難易度も高いので、相当過酷な試験といえます。

では、超難関試験の司法書士試験に対応するための方法とは?

司法書士試験は、全く初心者が独学で短期合格できるほど甘い資格ではありません。

膨大な試験範囲、専門性の高さ、40倍近い倍率、しかも、何年も法律の勉強をしている力のある受験生と競わないといけません。

そんな超難関国家試験に独学で立ち向かうのは、ほとんど不可能に近いでしょう。

ただ、司法書士試験の勉強法はある程度固まってきており、対策次第で短期合格も夢ではありません。

では、全くのゼロから司法書士試験に短期合格する方法とは?

独学ではなく、毎年多くの合格者を輩出している学校から司法書士受験のノウハウを徹底的に教えてもらうことです。

長年真面目に勉強していても不合格になる原因には、膨大な試験範囲から重要事項を絞りきれないこと、専門知識の理解が不十分なこと、解答力の甘さなどが挙げられます。

以下で紹介する実績の高い司法書士専門の学校で徹底的に学べば、膨大な試験範囲をしっかり限定してもらえる、難解な専門知識を噛み砕いて教えてもらえる、多くの答案練習や添削を通じて解答力が磨けるなど、不合格の原因となることを徹底的に潰せます!

独学では到底できませんよね。

本気で司法書士に合格しようとしている受験生は、実績の高い学校に通い、講師から受験ノウハウを学び、不合格の原因となることを徹底的に潰して合格を果されています。

また、本気で合格を狙っている地方の受験生は、充実したサポートシステムのもと、通学生の生講義を収録した迫力のあるDVDなどで合理的に勉強しています。

現に司法試験や司法書士、公認会計士等の超難関試験に短期合格をしている人のほとんどは、実績の高い資格学校の通学・通信コースを合理的に利用しています。

旧司法試験に短期合格した2人の友人もそうでした。

では、どうやって実績の高い司法書士専門の学校を探すか?

インターネットから無料の資料請求をして司法書士試験の受験指導学校を探すのが一般的でしょう。

無料の資料とは、最新の受験情報や具体的な講座内容、合格者の体験記、その他、中には模擬講義や無料セミナーのDVDを送ってくれる学校もあります。

そこから相性の合う学校・講師を見つけて、全くのゼロからはじめて1発合格を果たした受験生もいます。

どんな学校が理想的か?

自分と相性の合う学校・講師がいること、そして、自分の実力に合った指導をしてくれる学校が理想的です。

個別指導か個別指導に近い状態で丁寧に教えてもらえるなら、自分に合った学習ができることでしょう。

司法書士専門の学校の中で少数・個人指導をしてくれる有名な学校があります。

その学校名は、「東京司法書士学院」です。

「東京司法書士学院」は知る人ぞ知る「司法書士受験界の隠れた名店」です。

公認会計士・税理士になるための学校といえば「資格の大原」ですが、司法書士になるための学校といえば「東京司法書士学院」です。

また、東京司法書士学院には、通学できない受講生向けに充実の通信コースも用意されています。

通信コースでは、ライブと全く同じ講義を自宅で受講することができ、しかも、メールやファックスで100回以上の添削も受けられます。

通学生と同等の手厚いサポートが受けられるという評判の通信コースです。

地方の受験生も東京の通学生とほぼ同じ環境で学べる通信コースなので、地方の受験生も安心して受講できます。

しかも、資料請求の方全員に、模擬授業、模擬ゼミのDVDをプレゼントしてくれるので、内容の確認もできて安心です。

また、東京司法書士学院からDVD(無料資料)を請求しても、電話勧誘等は一切しないので、安心して請求していただけます。

講座の内容に自信があるからこそ、資料請求者全員に無料でDVDをプレゼントでき、電話勧誘等もしてこないのです。

このDVDを見れば、本気で司法書士合格を狙うライバル達がどんな勉強をし、どんな授業やゼミをしているのかが分かるので、早めに見ておいてくださいね!

独学派の司法書士受験生も必見のDVDです!

東京司法書士学院公式HP(以下のサイト)の「資料請求」というところから簡単に無料のDVDを請求することができます。

こちらから⇒★少数・個別指導の東京司法書士学院★

司法書士は、弁護士に代わる街の法律家として活躍が期待される社会的地位の高い資格です。

その分、試験の難易度も非常に高いです。難易度9に匹敵する難易度です。

合理的な勉強を追求していかないと軽く5年、6年・・・10年以上経ってしまいます。

是非、東京司法書士学院のような司法書士専門学校を徹底活用して、一発合格を目指してください。

受験生のサポート力、オリジナル教材開発力、司法書士試験専門という信頼性、どれをとっても他の学校を凌駕しています。

東京司法書士学院の講座をフル活用すれば、上位2%に入ることもさほど難しくないことに気づくでしょう。

まずは、東京司法書士学院の講義やゼミを撮ったDVDで内容を確かめてみてください。(送料を含め無料)

司法書士試験の難易度を1ランク2ランク下げてくれる東京司法書士学院の充実した合格プログラムの一部を自分の目で確かめてみてくださいね。

「自分にも司法書士に短期合格できる!」と確信するはずです!

こちらから「資料請求」⇒―司法書士受験の専門学院―

司法書士に合格すれば、街の法律家になるのも良し、企業内司法書士なるのも良し、経験を積んで認定司法書士になるのも良し、将来が楽しみになりますよね!

難関に立ち向かうあなたを心から応援いたします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

ITサービスマネージャー試験 難易度

ITサービスマネージャー試験の難易度は8となっています。合格率は15%前後とけっこう低めとなっています。やはり難しいですね。 このITサービスマネージャー試験はITシステムのサービス面での管理を・・・

ITストラテジスト試験 難易度

ITストラテジスト試験の難易度は8ですかね。8ですからかなり高いです。この資格の最終目的はリーダーへの昇進や昇給などが望める資格といえます。このITストラテジスト試験の合格率はだいたい15%前後となっ・・・

プロジェクトマネージャー 難易度

プロジェクトマネージャー試験の難易度は8となっています。情報システム業界の資格の中でもかなりの難関資格です。技術系の資格では弁理士・技術士とともに3大難関資格に入る資格といっても過言ではないでしょう。・・・

技術士資格の難易度

技術士の資格難易度は試験によって異なりますが、まあだいたい6から8程度の難関資格ですね。難しい試験に変わりないということだけはいえますね。 技術士試験は毎年30000人程度が受験、最終合格者数は・・・

システム監査技術者 資格 難易度

システム監査技術者の資格難易度も高いです。10段階評価の8弱レベルといってもいいのではないでしょうか。 対象者は被監査部門から独立したトップマネジメントの観点で、情報システムが経営に貢献をしてい・・・

上級システムアドミニストレータの難易度

上級システムアドミニストレータの難易度 上級システムアドミニストレータの難易度は8です。 合格率も10%と低く、試験内容も下記の通り、範囲も広く難題が多いことから、と ても難易度の高い試・・・

弁理士 難易度

弁理士 資格 難易度 弁理士の資格難易度は8です。 難易度8となると不動産鑑定士や司法書士と並ぶ難関試験です。たしかに難しい試験となっています。 弁理士受験生のほとんどは理科系出身の・・・

不動産鑑定士 資格 難易度

不動産鑑定士 資格 難易度 不動産鑑定士資格の難易度は8です。ただしこれはこのページを作成した2008年ごろの難易度で、現在は難易度が上がっており8よりも9になっている可能性が高いと見ています。・・・

税理士 資格 難易度

税理士 資格 難易度 税理士の資格難易度は8です。科目合格制度を採っていますが、1科目ごとの難易度も高く、かなり厳しい試験となっていることは確かです。 税理士と公認会計士の難易度を比較しな・・・