資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  7 難関中位 > 中小企業診断士 資格 難易度


中小企業診断士 資格 難易度

中小企業診断士 資格 難易度

中小企業診断士の資格難易度は7です。

中小企業診断士は、出題範囲が膨大な上、1次試験と2次試験の2回の試験を突破しなくてはいけないので、試験形式の難易度が比較的高い国家資格です。正確には7上の難易度になります。社会人の方にはとても人気のある資格で、営業マンやコンサルタント会社などで働く方はこの資格を多く受験しています。

ただ、試験対策次第では確実に合格できる資格なので、難易度が8や9になる資格ではありません。

試験対策とは、中小企業診断士の試験制度を上手に利用すること、それに、合格実績のある学校でしっかり勉強することです。

社会保険労務士同様、専門的知識が問われ出題範囲の広い試験ですが、受験対策をしっかり練り、地道に勉強していけば、確実に合格できる試験です。

具体的な対策は以下で詳しく解説します。

中小企業診断士試験の合格率は?

年によって多少は上下します。

合格率は第1次試験は15%から20%です。

第2次試験が10%から20%です。

総合すると数パーセントしか合格できませんので、かなり厳しい試験となっています。

第1次試験、第2次試験ともに5人〜6人に1人の合格する試験です。

総合的には3%から5%程度、ただ免除制度があるので、実際は数字以上ほどは受かりにくい試験ではないのかな・・といえます。

でも合格率をみる限りは、極めて合格率の低い難易度の高い試験であると言えます。

中小企業診断士の科目とは?

一次試験の科目

経済学・経済政策
財務・会計
企業経営理論
運営管理(オペレーション・マネジメント)
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・中小企業政策

二次試験の科目

中小企業の診断及び助言に関する
実務の事例 I (組織(人事を含む))
実務の事例 II (マーケティング・流通)
実務の事例 III (生産・技術)
実務の事例 IV (財務・会計)

中小企業診断士試験の内容は、極めて専門的かつ広範囲の試験です。

ただ、1次試験に合格した人は、合格した年と次の年は1次試験を免除されます。

また、一部の科目に合格した場合には、「科目合格」として、翌年度及び翌々年度の試験では申請により、合格した科目が免除されます。

つまり、3年以内に7科目すべて合格することにより、第1次試験合格となります。ただ3年以内に受からないと、当該合格科目の免除も消えます。また受け直しになるので、よろしくお願いします。

中小企業診断士受験生になるべく負担をかけないようにしたいという配慮です。

司法書士試験のように一気に合格しなくても良い点、難易度は下がります。ただ試験自体に短期合格するという観点から見ると、やや難しくなった気がします。

試験制度を上手に利用することにより、受験の負担を減らすことができます。

これが、試験制度を上手に利用することの意味です。

もっとも、以下に紹介する方法で一発合格も十分可能です!

中小企業診断士に確実に合格する方法とは?

ずばり!合格実績のある学校でしっかり勉強することです。

中小企業診断士は、独学で確実に合格できるほど甘い資格ではありません。

出題範囲、専門知識の深さ、合格率を見る限り、一部の秀才を除いて、本屋の本や問題集を普通に読み解きしているだけでは、なかなか合格できないでしょう。

それに、仕事の合間に受験勉強をしなければならないので、限られた時間の中でやらないといけません。

ほとんどの不合格者の方々は、出題範囲を絞り切れず、専門知識の理解が甘いため、不合格になります。

なので、膨大な試験範囲を絞ってもらい、専門知識を分かりやすく教えてくれる学校を利用すると良いでしょう。

数ある中小企業診断士の学校からどの学校を選べば良いか?

最終的には、講師との相性、参考書・問題集の充実度、合格実績、サポート体制、施設の充実度などです。

無料で行われているガイダンスなどを利用して判断することになります。

*無料ガイダンスに行っても、気に入らなければ講座を申し込まなくても構わないです。私は何十回も無料ガイダンスに行きましたが、本講座を申し込んだことは、本当に気に入った講座のみでした。

ちなみに、私のおすすめの学校は「資格の大原」です!

公認会計士試験や税理士試験の学校としてとても有名な学校なのでご存知だと思います。

50年以上の歴史と伝統のある「資格の大原」は、公認会計士試験や税理士試験の合格者を毎年数多く輩出してきたそのノウハウを中小企業診断士の講座に惜しみなく投入しています。

「資格の大原」は、公認会計士試験のような超難関試験で、単なる合格ではなく、「最年少合格者」や「一発合格者」を多く輩出している学校です。

「資格の大原」の蓄積されたノウハウを凝縮した講座が中小企業診断士「ストレート合格コース」です。

「資格の大原」は、単なる合格ではなく、「一発合格」にこだわっています。

タイム・イズ・マネーの時代に何年も受験に縛られていては大きな損失になってしまいます。

なので、単なる合格を目指すのではなく、「短期一発合格」を目指してください。

なお、通学できない受講生には、ライブクラスを収録した迫力ある講義をご自宅に送ってもらえるので、通学できない方もご安心ください。

私が中立公平の立場で、各大手資格学校に足を運んでみましたが、「資格の大原」は、他の大手資格学校を圧倒する施設の充実度、サポート体制、講師の数と質の良さでした。

現在、資格試験の学校は、力のない学校は淘汰され、大手でも経営が厳しく規模縮小する学校もある中、「資格の大原」は着実に伸び続けています。

あなたも「資格の大原」と他の大手資格学校を比べてみてください。

きっとあなたも「資格の大原」と他の大手資格学校の違いが分かります。

「資格の大原」の無料ガイダンス情報、詳しい講座の内容、合格者の体験談、最新受験情報など一発合格を目指す受験生が気になる情報満載の詳しい資料は以下のリンク先(資格の大原公式HP)から無料でご請求できます。

詳しい資料はこちらから⇒中小企業診断士講座【資格の大原】

「資格の大原」の「ストレート合格コース」はとても定評のある講座です。

中小企業診断士試験は2段階になっており、かなり難易度の高い試験です。

でも、最短で2つの関門を確実にクリアしていく方法はあります。

「資格の大原」のストレート合格コースなら、最短で合格レベルの知識とノウハウが身につきます。

中小企業診断士の難易度が高いにもかかわらず、確実に合格できる資格と言えるのは、ストレート講座のような効率的な学習を可能とした講座が存在するからです。

では、気になる「ストレート合格コース」の詳しい内容は?

「資格の大原」の公式HPから請求できる「中小企業診断士試験新パンフレッド」に詳しく紹介されています。

講師の数・質の良さ、施設の充実、サポート体制、本試験的中率の高さ、効率的カリキュラム、多彩な受講スタイル、それが「ストレート合格コース」の特徴です。

また、受講料も比較的安いので助かります。

受験生に至れり尽くせりのコースになっています。

受講しただけで満足せず、しっかり講座の復習をすれば、短期一発合格もさほど難しいことではないでしょう。

なお、「中小企業診断士試験パンフレッド」(詳しい資料)は送料を含め無料です。

これから勉強される方のみならず、独学の方や他の学校で勉強されている方にも参考になる資料です。

こちらから⇒中小企業診断士講座【資格の大原】

中小企業診断士は経営コンサルタントとして唯一の国家資格です。活躍する場もどんどん広がっています。

企業内診断士で活躍するのも良し、プロコンサルタントとして経営コンサルティング・講演・研修・執筆活動などをするのも良し、FP、社労士、税理士などにも挑戦してダブル・トリプルライセンスを取得するのも良し、将来が楽しみになりますよね。

中小企業診断士は、自分の力で人生を切り開くことができる資格です!

是非、短期一発合格を目指してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

データベーススペシャリスト 難易度

データベーススペシャリストの難易度は7となっています。合格率は16%となっています。高い技術を誇る情報システムの専門家となっています。ネットワークスペシャリスト試験やプロジェクトマネージャー試験ほどで・・・

情報セキュリティスペシャリスト 難易度

情報セキュリティスペシャリストの難易度は7です。プロジェクトマネージャーやネットワークスペシャリストほどではありませんが、だいぶ難しい試験といえます。合格率も15%前後と高くなっていますが、受験者が3・・・

ボートレーサー 難易度

ボートレーサーの難易度は7です。中卒で受験できることはプラスですが、体重55キロ以下などの厳しい制限があるほか、合格率2%というのは半端ない難しさです。ボートレーサーになるための難しさは養成学校への入・・・

応用情報技術者 難易度

応用情報技術者の難易度は7です。IT関連資格でも難しい資格となっています。高度なIT技術をつけたい人にオススメの資格といえます。 応用情報技術者は高品質なシステム開発の専門家で、主に基本戦略の立・・・

オラクルマスター 難易度

オラクルマスターの難易度は7程度です。これは2番目に難しいと言われているゴールド試験の難易度です。かなり難しい試験といえます。 ただデータベースの技術者の資格なので難しい資格といえます。オラクル・・・

電験3種 難易度

電験3種試験の難易度 電験3種試験の難易度は7です。 電験3種は同じ理科系の試験である気象予報士よりやや難しいかなという印象です。同じ大学2、3年生レベルの数学や物理が細かく出題されます。・・・

情報セキュリティ アドミニストレータ 難易度

情報セキュリティアドミニストレータの難易度は7です。 合格率5%前後という試験が難易度を高くしています。 ただちなみにこの情報セキュリティーアドミニストレータの受験資格の特にありません。だ・・・

建築士の難易度

建築士試験の難易度は1級が7、2級が5にしておきます。1級はとても迷うところですが、司法書士や不動産鑑定士試験ほどの難しさはないだろう、また行政書士試験や宅建試験よりはかなり難しいだろうという予想の元・・・

社労士 資格 難易度

社労士 資格 難易度 社労士の資格難易度は7です。6と7で迷いましたが、基準点制度が厳しいという点を考慮し、難易度を7にしました。知識レベルはさほどではなさそうですが、10数項目のすべてで60%・・・