資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  6 普通上位 > 気象予報士 資格 難易度


気象予報士 資格 難易度

気象予報士 資格 難易度

気象予報士の資格難易度は6です。

難易度6といっても上の方です。思ったよりも難しいです。

今後は7以上に上昇するかも知れないので注意してください。

気象予報士試験は、難関資格試験の部類に入る試験と評価して良いでしょう。

気象予報士に最短で合格する秘訣は以下でご紹介します!

気象予報士とは、気象業務法第3章の2に基づき、指定試験機関の財団法人気象業務支援センターが実施する知識及び技能についての試験に合格した者(同法第24条の4)であって、気象庁長官による登録(同法第24条の20)を受けた者をいいます。

1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになった際にその予報業務の技術水準及び信頼性を担保するための予想担当者の技能試験として創設されました。

2012年11月末現在、気象予報士名簿に登録された気象予報士の数は、9000名近くとなっています。

気象予報士のうち、予報業務許可事業者に就職している者は700名程度で、そのうち現象の予想に携わっているのは500名程度です。

一方、その他の業界において、2000名程度の気象予報士が、経営判断のための気象情報の分析、報道・教育等用の気象コンテンツの作成等に携わっているものとみられ、むしろ制度目的の想定外で活用される資格となっているのが現状です。

気象予報士の活用する場は今後も拡大することでしょう!

難易度が上昇する前に何とか合格してくださいね。

気象予報士試験は、試験範囲が広く、専門性も比較的高いので、独学で合格するのは厳しい資格です。

難易度7の国家試験社労士試験に近いです。

知識の専門性と試験勉強の範囲を考えるとやはり独学では厳しいです。

合格者のほとんどが学校・通信講座を利用して合格しています。

タイム・イズ・マネーの時代です。

合格するための知識やテクニックは受験機関に教えてもらい、自分は教えてもらった知識や技術の習得に専念してください。

学校・通信講座を合理的に使用して時間短縮を図りましょう。

時間短縮を図ることにより、気象予報士試験の勉強以外に時間を使えます。

仕事、趣味、恋愛、友達付き合いなど、気象予報士受験だけに縛られない自由な時間を確保しながら合格を目指せます!

合格率も低く大変な試験ですので、どうしても会社命令で合格したい、就職したいから今年とにかく受かりたいという人には通信講座の受講をおすすめします。

ではその通信講座はどこか。ハレックス、気象業務試験センター、ユーキャン、ヒューマンあたりが候補になりますが、このサイトではユーキャンの気象予報士合格講座を紹介します。

ユーキャンはCMでも有名な人気の通信講座となっています。信用と安心感がありますので勉強がしやすいです。

また見やすさと分かりやすさを追求している講座となっていますので、勉強がはかどります。図や表も多く用いていますので、学習のイメージもついてきます。

ユーキャンだけでも、十分にそれなりの合格ラインまで届くのではないかと考えています。質問などの対応も早く、本試験の予想問題的中率なども当たることが多いようです。これらもユーキャンを薦める理由となっています。

まずはユーキャンの気象予報士講座の資料を請求しておくことをオススメします。資料の中でも重要なのは合格体験記となっています。合格体験記には過去の合格者がどのようにして勉強したのかが書かれていますので、次回以降の試験対策にすごく役立ちます。合格体験記を読むだけで、どのような講座を使ってどのように勉強をすればいいかを描ける人もいるはずです。それくらい重要な資料といえます。

ユーキャンの気象予報士講座は下記から請求することができます。

こちらから→【PC用】ユーキャンの気象予報士講座

資料を見た上で講座内容があなたに合っていると感じましたら受講をしてみることをオススメします。

ユーキャンの気象予報士講座を取得し、気象のプロになる、もしくは気象マニアとして、近所や周りの仲間の自称気象学者を目指してください。気象関係者の方を除いては自己満足・追究を目指す資格といえます。ただ面白い資格といえます。

最後までおよみいただいてありがとうございました。

関連コンテンツ

エネルギー管理士 難易度

エネルギー管理士の難易度は6程度となっています。合格率も20%程度で受験資格もあります。やはりなかなか難しいという感じがします。 エネルギー管理士は前途有望な省エネの専門家で、電気や燃料の大口の・・・

舗装施工管理技士1級 難易度

舗装施工管理技士の難易度は1級が5、2級が3程度といえそうです。合格率が1級が20%・2級が45%となっています。受験資格も厳しいということもあり、けっこうな難易度といえそうです。 この舗装施工・・・

マスコミ就職 難易度

マスコミ就職の難易度は6もしくは7くらいです。NHKや日本テレビのアナウンサーを目指すのであれば、倍率が1000くらいあるので、9もしくは10になりますが、マスコミはアナウンサーだけではなく、記者や報・・・

エクステリアプランナー2級 難易度

エクステリアプランナー2級の難易度は3です。近年住宅やインテリアなどでなく、エクステリアに関してみても、美観や利便性や快適性などの付加価値の高いものを要求されるようになっているようです。このエクステリ・・・

通訳案内士 難易度

通訳案内士(ガイド)の難易度は6です。勉強期間も確実に1年は必要といえるほどの資格で、お世辞にも簡単な資格の部類には入らないです。 合格率は毎年12から15%、7・8人に1人程度しか合格できませ・・・

行政書士 難易度

行政書士試験の難易度は以前よりもかなり上がりました。 平成1桁のころは4程度だった感じですが、21世紀に入り5・いや一気に6になったかなという気がします。 社労士試験の難易度とほぼ同じくらい、・・・

証券アナリスト 資格 難易度

証券アナリスト 難易度 証券アナリスト試験の難易度は6です。 証券アナリスト試験は、(1次レベル・2次レベル)2回の通信教育を受講しないと受験資格を与えられません。 協会通信教育講座・・・

環境計量士 資格 難易度

環境計量士 資格 難易度 環境計量士の資格の難易度は6です。 環境計量士には3つの資格があり、一般計量士、濃度計量士、環境騒音計量士の3つがあります。 計量士(けいりょうし)とは、経・・・

土地家屋調査士 資格 難易度

土地家屋調査士の難易度は6の上です。 土地家屋調査士試験は試験形式や知識の専門性からすると、難易度は7に近いのですが、最近の受験者数の減少から今後大きな競争は多くならないと考えて、6の上と判断し・・・