資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  6 普通上位 > 土地家屋調査士 資格 難易度


土地家屋調査士 資格 難易度

土地家屋調査士の難易度は6の上です。

試験形式や知識の専門性からすると、難易度は7に近いのですが、最近の受験者数の減少から今後大きな競争は多くないと考えて、6の上と判断しました。

土地家屋調査士は難関資格と言っても良いでしょう。

ただ、下記で紹介する「土地家屋調査士10ヵ月合格コース」で繰り返し試験範囲を学習すれば、比較的短期間で一発合格することも可能でしょう。

土地家屋調査士の合格率の推移について

平成10年以降、出願者数は年々減少しているが、合格率については10%前後のほぼ一定率の合格水準が保たれています。

合格率の低さ、内容の専門性の高さなど考慮すれば、独学で短期合格することは至難の業でしょう。

土地家屋調査士試験対策の講座や模擬試験を合理的に利用すると良いでしょう。

現に土地家屋調査士試験の短期合格者のほとんどが、学校の入門講座や模擬試験を合理的に利用した受験生です。

どこの学校を選ぶかは基本的に相性ですが、初学者の方は、大手の学校の方が良いでしょう。

大手の学校は、講師の数・質、教材の数・質が小規模の学校と違います。

土地家屋調査士以外の難関資格を指導した経験と実績もあるので、受験ノウハウの濃さが違います。

では、どの学校のどの講座を選ぶべきか?

実は、土地家屋調査士の講座を実施している学校は少数です。宅建や行政書士、司法書士試験などの大型国家試験とは違い、学校の数や開講している講座の数も少ないです。

その中から私がおすすめの講座が、LEC東京リーガルマインドの土地家屋調査士10ヵ月合格コースです。

「LEC東京リーガルマインド」は、法律系資格の受験生なら知らない方はほとんどいないというぐらい有名な資格の学校です。

弁理士試験や不動産鑑定士試験でも私はLEC東京リーガルマインドの講座をおすすめしました。

本音を言うと、弁理士試験や不動産鑑定士試験、土地家屋調査士試験の講座まで予算を回せる資格の学校は皆無でしょう。

私のイチオシ資格学校である「資格の大原」でさえ、上記資格の講座を実施していません。

土地家屋調査士試験に短期合格するかどうかは、このLEC東京リーガルマインドで実施されている「土地家屋調査士10ヵ月合格コース」を合理的に利用するか否かにかかっていると言っても過言ではありません。

土地家屋調査士10ヵ月合格コースは、土地家屋調査士試験と測量士補試験のW合格を、1年で可能にするコースです。

土地家屋調査士は始めて法律を学ぶ方でも合格レベルに達することができる「インプット完成講座」と、模試である「直前ファイナル答練」でしっかりと学習します。

さらに、最小限の負担に抑えた測量士補の講座を並行して学習することで、1年程度でのダブル合格を可能にします。

土地家屋調査士10ヵ月合格コースは、土地家屋調査士受験生にとって至れり尽くせりのオールインワン講座です。

土地家屋調査士10ヵ月合格コースをしっかり勉強して、試験に出題される範囲を完璧に理解することが短期合格の秘訣です。

通学講座よりも通信講座の方がよい!

何度も繰り返して学ぶためには、通学の講座より通信の講座の方が良いでしょう。

また、ライブクラスを収録した迫力のある講義の方が良いでしょう。

全くのゼロから合格レベルまで一気に引き上げてくれる講義が良いでしょう。

受講料も高くない受験生応援価格の講座が良いでしょう。

LEC東京リーガルマインドは、徹底した企業努力により、受講料を以前より大幅に安くすることに成功しました。

その要件を満たしている講座が、LEC東京リーガルマインドの土地家屋調査士10ヵ月合格コースです。

短期合格するためのすべてがこの講座に凝縮されています。

土地家屋調査士10ヵ月合格コースの詳しい資料(無料)は以下からご請求できます。

短期一発合格を実現させる「オールインワン講座」の全貌が分かる資料です。

LECの土地家屋調査士10か月合格講座通信DVDコース

タイム・イズ・マネーの時代です。

資格試験の勉強を長年続けていては時代に取り残されてしまいます。

土地家屋調査士に短期合格して、一年でも早く活躍できれば、自分の力で人生が開けます。

ライバル達よりも早く合理的な学習をし、是非短期一発合格を果たしてください。

土地家屋調査士10ヵ月合格コースの具体的な内容は以下からご請求できる資料(無料)に詳しく書かれているのでご覧ください。

短期一発合格を実現させる「オールインワン講座」の全貌が明らかになる資料です。

LECの土地家屋調査士10か月合格講座通信DVDコース


補足 土地家屋調査士試験の概要

土地家屋調査士とは、他人の依頼を受けて、土地や建物がどこにあって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う測量及び表示に関する登記の専門家のことです。

土地家屋調査士の資格を得るには、法務大臣の認可を受けるか法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格する必要があります。

土地家屋調査士試験は午前試験は8月下旬頃、午後試験は8月同日、口述試験は11月中旬頃に筆記試験(午前試験、午後試験)の合格者に対して各法務局管轄の受験地で行われます。

受験資格

制限なし。筆記試験(午前試験と午後試験)と口述試験のみ。

午後試験は測量士・測量士補、一級建築士・二級建築士の有資格者は免除されます。

口述試験は、筆記試験合格者のみに実施されます。

試験科目
午前試験は不動産の表示に関する登記に関する事項で、土地家屋調査士の業務を行うについて必要な知識を試します。

短答式
五肢択一形式の選択問題。主に民法・不動産登記法及び土地家屋調査士法から20問出題されます。

記述式
製図を含む書式問題で、土地に関する問題及び建物(又は区分建物)からそれぞれ1問ずつ、計2問出題されます。

午後試験は平面測量の作図が3問出ます。

口述試験
午前試験科目の範囲および土地家屋調査士の業務を行うについて必要な知識が出題されます。

短期合格を果たしている受験生は例外なく資格試験の学校や通信教材を利用しています。

自分と相性の合う学校・通信講座を見つけて集中的に勉強できるか否かで短期合格できるか否かを分けることでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

エクステリアプランナー2級 難易度

エクステリアプランナー2級の難易度は3です。近年住宅やインテリアなどでなく、エクステリアに関してみても、美観や利便性や快適性などの付加価値の高いものを要求されるようになっているようです。このエクステリ・・・

通訳案内士 難易度

通訳案内士(ガイド)の難易度は6です。勉強期間も確実に1年は必要といえるほどの資格で、お世辞にも簡単な資格の部類には入らないです。 合格率は毎年12から15%、7・8人に1人程度しか合格できませ・・・

行政書士 難易度

行政書士試験の難易度は以前よりもかなり上がりました。 社労士試験の難易度とほぼ同じくらいになったと評価しても良いでしょう。 難易度7になったといっても過言ではありません。 ただ、出題・・・

証券アナリスト 資格 難易度

証券アナリスト 難易度 証券アナリスト試験の難易度は6です。 証券アナリスト試験は、(1次レベル・2次レベル)2回の通信教育を受講しないと受験資格を与えられません。 協会通信教育講座・・・

環境計量士 資格 難易度

環境計量士 資格 難易度 環境計量士の資格の難易度は6です。 環境計量士には3つの資格があり、一般計量士、濃度計量士、環境騒音計量士の3つがあります。 計量士(けいりょうし)とは、経・・・

気象予報士 資格 難易度

気象予報士 資格 難易度 気象予報士の資格難易度は6です。 難易度6といっても上の方です。 今後は7以上に上昇するかも知れないので注意してください。 気象予報士試験は、難関資格・・・