資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  6 普通上位 > 土地家屋調査士 資格 難易度


土地家屋調査士 資格 難易度

土地家屋調査士の難易度は6の上です。

試験形式や知識の専門性からすると、難易度は7に近いのですが、最近の受験者数の減少から今後大きな競争は多くないと考えて、6の上と判断しました。

土地家屋調査士は難関資格と言っても良いでしょう。

ただ、下記で紹介する「土地家屋調査士10ヵ月合格コース」で繰り返し試験範囲を学習すれば、比較的短期間で一発合格することも可能でしょう。

土地家屋調査士の合格率の推移について

平成10年以降、出願者数は年々減少しているが、合格率については10%前後のほぼ一定率の合格水準が保たれています。

合格率の低さ、内容の専門性の高さなど考慮すれば、独学で短期合格することは至難の業でしょう。

土地家屋調査士試験対策の講座や模擬試験を合理的に利用すると良いでしょう。

現に土地家屋調査士試験の短期合格者のほとんどが、学校の入門講座や模擬試験を合理的に利用した受験生です。

どこの学校を選ぶかは基本的に相性ですが、初学者の方は、大手の学校の方が良いでしょう。

大手の学校は、講師の数・質、教材の数・質が小規模の学校と違います。

土地家屋調査士以外の難関資格を指導した経験と実績もあるので、受験ノウハウの濃さが違います。

では、どの学校のどの講座を選ぶべきか?

実は、土地家屋調査士の講座を実施している学校は少数です。宅建や行政書士、司法書士試験などの大型国家試験とは違い、学校の数や開講している講座の数も少ないです。なかなかオススメの学校が見つかりませんでした。

そこでここでは土地家屋調査士の学校として、ユーキャンの土地家屋調査士試験対策編を紹介しておきます。

え・ユーキャン?と思う方もたしかにいるかもしれませんね。なぜユーキャンの講座を紹介したのか?

実は土地家屋調査士という仕事は、資格の特性上、東京や横浜・千葉のような都市部に住む人ばかりが受ける試験ではありません。また地方には東京や横浜のような大手の有名な専門学校はありません。

よってユーキャンの通信講座というのが、身近な通信講座ということになります。

またユーキャンの講座は分かりやすさをとことん追究しています。これでもか!というくらい図や表を入れる、読みやすい工夫をしている、時間の合間で勉強ができるようにしているなどの努力をどの学校よりも行っています。

あとはユーキャンという知名度・ブランド名があります。ユーキャンの通信講座を知らないという方はいませんよね。

さらにユーキャンは本試験の予想問題の的中率が半端ないほどいいようです。他の大手予備校よりも当たる!という受験生の評判があります。最初は信じられなかったのですが、どうもそれも本当のようです。試験問題の的中率も学校選びの重要な要素にはなりますよね。

ユーキャンをオススメした理由は次のようになっています。意外にもメリットがたくさんあります。

デメリットとしては、もう少し問題を解けるような環境が欲しいということでしょうか。たくさん問題を解かないと合格は難しいので、もう少しアウトプットのできる環境が欲しいところです。

それでもやはり値段も含めて、ユーキャンの講座を上回るところはないと思っています。ユーキャンの講座でも、しっかりと勉強すれば、初学者が1年程度で合否ライン付近あたりまでは十分に進むことができます。

あとは書式問題なども含めた記述式試験にどう慣れるかも課題になりそうです。

このユーキャンの土地家屋調査士講座の内容は、ガイドブック、合格BOOK、合格ナビ、過去問攻略集2冊、選択式問題攻略集2冊、その他となっています。

勉強期間は7か月に設定されており、1ヶ月ごとに通信添削の課題を提出していただきます。自分のペースで出来るのは強みなのですが、強制力も働いているということで勉強の励みにもなります。

土地家屋調査士試験を請求するには、まず下記のリンクからユーキャンに入っていただき、資料のみ請求をクリック、左上の方に土地家屋調査士講座があります。

さらに詳細をクリックすると土地家屋調査士講座試験の講座内容などが書いてあります。

ここで資料請求をするをクリックして、名前や住所などの個人情報をもれなく書いてください。

記載に間違いがないかを確認していただき、完了を押せば資料を請求できます。

ユーキャンの土地家屋調査士講座 午後の部 試験対策コース


内容が充実したユーキャンの土地家屋調査士講座で、あなたも目的の土地家屋調査士資格を取得して、測量登記界の第一線で仕事をがんばってください。

最後までおよみいただいてありがとうございました。

関連コンテンツ

舗装施工管理技士1級 難易度

舗装施工管理技士の難易度は1級が5、2級が3程度といえそうです。合格率が1級が20%・2級が45%となっています。受験資格も厳しいということもあり、けっこうな難易度といえそうです。 この舗装施工・・・

マスコミ就職 難易度

マスコミ就職の難易度は6もしくは7くらいです。NHKや日本テレビのアナウンサーを目指すのであれば、倍率が1000くらいあるので、9もしくは10になりますが、マスコミはアナウンサーだけではなく、記者や報・・・

エクステリアプランナー2級 難易度

エクステリアプランナー2級の難易度は3です。近年住宅やインテリアなどでなく、エクステリアに関してみても、美観や利便性や快適性などの付加価値の高いものを要求されるようになっているようです。このエクステリ・・・

通訳案内士 難易度

通訳案内士(ガイド)の難易度は6です。勉強期間も確実に1年は必要といえるほどの資格で、お世辞にも簡単な資格の部類には入らないです。 合格率は毎年12から15%、7・8人に1人程度しか合格できませ・・・

行政書士 難易度

行政書士試験の難易度は以前よりもかなり上がりました。 社労士試験の難易度とほぼ同じくらいになったと評価しても良いでしょう。 難易度7になったといっても過言ではありません。専門試験の知識も上・・・

証券アナリスト 資格 難易度

証券アナリスト 難易度 証券アナリスト試験の難易度は6です。 証券アナリスト試験は、(1次レベル・2次レベル)2回の通信教育を受講しないと受験資格を与えられません。 協会通信教育講座・・・

環境計量士 資格 難易度

環境計量士 資格 難易度 環境計量士の資格の難易度は6です。 環境計量士には3つの資格があり、一般計量士、濃度計量士、環境騒音計量士の3つがあります。 計量士(けいりょうし)とは、経・・・

気象予報士 資格 難易度

気象予報士 資格 難易度 気象予報士の資格難易度は6です。 難易度6といっても上の方です。思ったよりも難しいです。 今後は7以上に上昇するかも知れないので注意してください。 気・・・