資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  6 普通上位 > 環境計量士 資格 難易度


環境計量士 資格 難易度

環境計量士 資格 難易度

環境計量士の資格の難易度は6です。

環境計量士には3つの資格があり、一般計量士、濃度計量士、環境騒音計量士の3つがあります。

計量士(けいりょうし)とは、経済産業大臣によって登録された国家資格を持つ人たちで企業において計量器の検査、計量管理を主な職務とし、取引や証明などにおいて国民に信頼される適正な計量を確保するための重要な資格です。

講習は独立行政法人産業技術総合研究所の計量研修センターが行います。

環境計量士の主な業務
計量証明書で環境計量士が行う業務としては、計量機器等の整備、計量の正確性の保持、計量の方法の改善(より良い分析方法などの変更)、その他に機器等の保管・検査、分析方法の決定(選定)、分析方法(操作)の指導、分析結果の確認です。

計量証明書(分析・測定結果を証明する文書)の発行の中には、環境計量士の押印が義務付けられています。

法的に文書化されている事項で、実際には、この他にその事業所で環境計量士としての業務が十分果たされるような、立場に位置づけられることが重要です。

環境計量の技術は、日々高度化しており、新しい登場、濃度関係では、新規有害化学物質に対する分析の必要性に伴い、より微量化学物質(ダイオキシン類)の分析方法も採用・追加されています。

環境計量士は、常に新しい情報に目を向け、技術の向上、関係法令の理解にも努力することが求められています。

環境計量士(濃度)
濃度の計量及び計量管理に係わる職務を担当します。
大気では、工場から排出されるばい煙や環境大気中の有害物質、悪臭物質等の測定をいます。
水質・土壌では、工場・生活排水などによる汚濁物質排出状況、河川・湖沼・海域の汚濁状況や有害物質の不適切な処理による工場跡地等土壌汚染状況の測定を行います。

濃度関係
1. 環境関係法規及び化学に関する基礎知識
2. 化学分析概論及び濃度の計量
3. 計量関係法規
4. 計量管理概論

騒音・振動関係
1. 環境関係法規及び物理に関する基礎知識
2. 音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量
3. 計量関係法規
4. 計量管理概論

関連コンテンツ

エネルギー管理士 難易度

エネルギー管理士の難易度は6程度となっています。合格率も20%程度で受験資格もあります。やはりなかなか難しいという感じがします。 エネルギー管理士は前途有望な省エネの専門家で、電気や燃料の大口の・・・

舗装施工管理技士1級 難易度

舗装施工管理技士の難易度は1級が5、2級が3程度といえそうです。合格率が1級が20%・2級が45%となっています。受験資格も厳しいということもあり、けっこうな難易度といえそうです。 この舗装施工・・・

マスコミ就職 難易度

マスコミ就職の難易度は6もしくは7くらいです。NHKや日本テレビのアナウンサーを目指すのであれば、倍率が1000くらいあるので、9もしくは10になりますが、マスコミはアナウンサーだけではなく、記者や報・・・

エクステリアプランナー2級 難易度

エクステリアプランナー2級の難易度は3です。近年住宅やインテリアなどでなく、エクステリアに関してみても、美観や利便性や快適性などの付加価値の高いものを要求されるようになっているようです。このエクステリ・・・

通訳案内士 難易度

通訳案内士(ガイド)の難易度は6です。勉強期間も確実に1年は必要といえるほどの資格で、お世辞にも簡単な資格の部類には入らないです。 合格率は毎年12から15%、7・8人に1人程度しか合格できませ・・・

行政書士 難易度

行政書士試験の難易度は以前よりもかなり上がりました。 平成1桁のころは4程度だった感じですが、21世紀に入り5・いや一気に6になったかなという気がします。 社労士試験の難易度とほぼ同じくらい、・・・

証券アナリスト 資格 難易度

証券アナリスト 難易度 証券アナリスト試験の難易度は6です。 証券アナリスト試験は、(1次レベル・2次レベル)2回の通信教育を受講しないと受験資格を与えられません。 協会通信教育講座・・・

土地家屋調査士 資格 難易度

土地家屋調査士の難易度は6の上です。 土地家屋調査士試験は試験形式や知識の専門性からすると、難易度は7に近いのですが、最近の受験者数の減少から今後大きな競争は多くならないと考えて、6の上と判断し・・・

気象予報士 資格 難易度

気象予報士 資格 難易度 気象予報士の資格難易度は6です。 難易度6といっても上の方です。思ったよりも難しいです。 今後は7以上に上昇するかも知れないので注意してください。 気・・・