資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  6 普通上位 > 証券アナリスト 資格 難易度


証券アナリスト 資格 難易度

証券アナリスト 難易度

証券アナリスト試験の難易度は6です。

証券アナリスト試験は、(1次レベル・2次レベル)2回の通信教育を受講しないと受験資格を与えられません。

協会通信教育講座の申込みが受験の絶対条件になります。

協会の通信教育を、1次レベル(8ヶ月間)、2次レベル(9ヶ月間)受講することを義務付けされているため、最短でも合格まで2年はかかります。

半年や1年で取得できる資格ではありません。

2年〜3年、1500時間〜2000時間程度の学習が必要な資格です。

証券アナリストの試験科目
証券分析とポートフォリオ・マネージメント・財務分析・経済

1次試験は、マークシート形式で行われます。

(2次試験の試験科目) 

証券分析とポートフォリオ・コーポレートファイナンスと企業分析・市場と経済の分析、職業倫理・行為基準

2次試験は記述式の応用問題中心で計算問題も出題されます。

証券アナリストの試験は、試験科目からも分かるように、非常に広範かつ専門的な内容です。

しかも、2次試験では、記述式の応用問題が出題されるため、専門知識のみならず、専門知識の理解力と記述力も問われます。

証券アナリスト試験は、難易度の高い試験だと言えます。

協会の通信教育を受講しているだけでは、2次試験の難関を突破することは至難の業です。

協会の通信教育以外に、実績の高い証券アナリスト講座を開講している学校を利用して受験に臨むと良いでしょう。

より早く、より確実に証券アナリスト試験に合格されたい方は、合格実績の高い証券アナリスト講座を利用すると良いでしょう。

証券アナリスト試験の合格率

証券アナリスト試験の合格率は、1次試験が47%程度、2次試験が37%程度です。

ゼロから最短で1次・2次試験に合格された受験生は、実績の高い学校の通学講義や通信教育、模擬試験等を利用しています。

証券アナリストの将来性

証券アナリストは協会の通信教育を受けないと受験資格が与えられなかったり、広範かつ専門的な知識を問われるため、難易度の高い資格ですが、その分、将来性大の資格ですので、今のうちに頑張って取得しておきましょう。

証券アナリストの主な仕事とは?

.札ターアナリスト(株式公開企業の現状を調査・分析して、その将来像と株価の先行きを予測するアナリスト)

▲オンツアナリスト(株式、債券などに対する投資判断を、統計学などの定量的手法に基づき分析しているアナリスト)

ファンドマネージャー(ファンドにどの銘柄をどの程度組み入れるか、どの銘柄をどのタイミングで、そしてどの価格で売るか、買うかを決定する仕事)

ぅレジットアナリスト(投資戦略を設計する立案者)

IR(企業が株主や投資家に対し、投資判断に必要な情報を適時、公平、継続して提供する活動)

証券アナリストに期待される仕事は今後拡大していくことでしょう。

また、証券アナリストは、会社の運命を左右するような重要な仕事に就くこともあります。

証券アナリストの活躍の場

証券会社、銀行、生保・損保会社、メーカー、不動産会社、シンクタンク、IRなどで活躍が期待されています。

今後、活躍の場は拡大していくことでしょう。

証券アナリストを「難易度6」のところでご紹介しましたが、「おすすめ資格」のひとつに入れて良い資格です。

投資・財務運用部門の業務をされている方

投資分析や企業分析のノウハウを身につけたいの方

金融業界に興味のある大学生・社会人の方にも「おすすめの資格」です。

独学で可能か?

独学でも合格は可能ですが、時間的ロスが大きいです。大幅な勉強時間の短縮に繋がりますので、実績の高い学校の通学講義や通信教育を合理的に活用してください。

証券アナリスト合格は単なる通過点に過ぎないので、時間をかけずに最短2年合格を目指してください。

当サイトをご覧のあなたは、最短の勉強時間・期間で証券アナリストに合格したいとお考えだと思いますので、独学は避けましょう。

なので、より早く、より確実に合格されたい方は、合格実績の高い証券アナリスト講座を利用すると良いでしょう。

合格実績の高い証券アナリスト講座を利用するメリットは、試験範囲を合理的な範囲に絞ってもらえること、専門知識を分かりやすく噛み砕いて教えてもらえることです。

分かりやすいテキストで分かりやすく教えてもらえるので、協会の通信教育だけでは理解できなかった苦手分野の理解に役に立ちます。

独学では何ヶ月勉強しても理解できなかったところが、学校で教えてもらったら、わずか数分〜数十分で理解できたという場合も多々あります。

さらに、的中率の高いオリジナルテキストや問題集を配ってくれますし、的中率の高い問題演習や公開模擬試験も実施してくれます。

長年証券アナリストの試験勉強を続けるのは、経済的、精神的、就職・転職等にも厳しくなるので、必ず短期で合格できるようにしてください。

これから証券アナリストの勉強以外にやらなくてはいけないことが山ほどあるはずです。

試験勉強よりも現場の実務が重要な世界です。

証券アナリストの知識ゼロの方でも、最短の2年合格を目指してくださいね。

では、どの証券アナリストの学校を選べば良いか?

まずは、実績の高い証券アナリストの学校を選ばないといけません。

次に、自分と相性の合う学校・講師を見つけることになります。

各学校の資料を取り寄せ、無料のガイダンスや無料の受験相談等を利用して、相性の合う学校・講師を見つけることになります。

個人的におすすめの学校は資格の学校「TAC」です。

証券アナリスト指導で有名な学校なので、ご存知の方も多いことでしょう。

資格の学校「TAC」は、1990年の開講以来証券アナリストの育成に力を入れてきた学校です。

ある程度大きな書店の資格コーナーに行けば、資格の学校「TAC」のあらゆる資格試験のテキストや問題集を目にすることでしょう。

「TAC」の教材開発能力は、抜群です。

書店で「TAC」のテキストをご覧になれば分かると思います。

その中でも「証券分析」のテキストは分かりやすく、悩める受験生にとってはバイブル的なテキストです。

講義で使用するテキストや問題集も非常に良く、それまで協会の通信教育だけで独学されていた受験生から絶賛されています。

「TAC」は、証券アナリストのみならず、公認会計士、税理士、公務員、中小企業診断士、社労士、行政書士、FP、宅建なでも実績の高い資格試験業界大手の学校です。

公認会計士や税理士でも、「資格の大原」と肩を並べる程の資格の学校です。

また、実際に「TAC」を見学してきましたが、学校の規模、施設、講師の質・数、サポート体制など、証券アナリスト講座を開講している学校の中では群を抜いています。

あなたも「TAC」の無料イベントなどに参加して、「TAC」を見学しに行くと良いでしょう。

確実に最短2年合格を目指すなら、「TAC」の合理的なカリキュラムを利用して勉強されると良いでしょう。

特に、「TAC」の2次対策(総合本科生、速習本科生)を利用すると、難解な応用問題の記述式対策を万全にすることができます。

なお、通学できない方には、通学講座を収録したDVDをご自宅へ届けてもらえるので、通学できない方も安心してご利用できます。

しかも、通学生と同じサポート体制も受けられるため、通信講座でも不利になりません。

むしろ、ご自宅で繰り返し講義のDVDを見ることができるので、苦手科目克服には有利です。

詳しくは「TAC」新パンフレットの「必勝カリキュラム」のページをご覧ください。

「これなら証券アナリストに最短で合格できる!」とご納得されるかと思います。

証券アナリスト試験は、難易度の高い資格ですが、「TAC」の必勝カリキュラムに乗っかって、復習と演習を繰り返しすれば、最短の2年合格も十分可能です。

最短の2年、2000時間以内の勉強で確実に合格することが可能になります。

また、「TAC」では、本試験の的中率が高いテキストや問題集を利用して講義やテストを進めていくので、本試験ではほとんどおなじみの問題ばかりでしょう。

まさに至れり尽くせりの必勝カリキュラムです。

独学の受験生や他校で勉強している受験生を一気に追い抜いてしまいましょう!

証券アナリスト試験の詳しい最新情報や「TAC」の必勝カリキュラムの詳しい内容、充実の無料公開イベントの情報などは以下の「TAC」公式HPからご請求できます。

最短2年で合格するための秘訣が分かります。

こちらから(無料)⇒⇒TACの証券アナリスト1次本科生コースの資料請求

証券アナリスト試験は、正しい勉強をすれば、最短2年合格できる試験です。

証券アナリスト(CMA)の活躍の舞台は、今後、証券会社のみならず、銀行、メーカー、生保・損保会社、不動産会社、シンクタンク、IRなど、活躍の舞台は大きく広がっています。

その舞台であなたは、セクターアナリスト、クオンツアナリスト、ファンドマネージャー、クレジットアナリストなどのやりがいのある仕事をすることになります。

証券アナリスト(CMA)は、将来性大の当サイトおすすめ資格のひとつです。

証券アナリスト最短合格から人生を大きく拓きましょう!

「TAC」で証券アナリストに最短で合格された先輩方に続き、今度はあなたが一発合格する番です!

将来がとても楽しみですよね。

証券アナリスト試験の詳しい最新情報や「TAC」の必勝カリキュラムの詳しい内容、充実の無料公開イベントの情報などは以下の「TAC」公式HPから無料でご請求できます。

最短の2年で合格するための秘訣を紹介します!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

エネルギー管理士 難易度

エネルギー管理士の難易度は6程度となっています。合格率も20%程度で受験資格もあります。やはりなかなか難しいという感じがします。 エネルギー管理士は前途有望な省エネの専門家で、電気や燃料の大口の・・・

舗装施工管理技士1級 難易度

舗装施工管理技士の難易度は1級が5、2級が3程度といえそうです。合格率が1級が20%・2級が45%となっています。受験資格も厳しいということもあり、けっこうな難易度といえそうです。 この舗装施工・・・

マスコミ就職 難易度

マスコミ就職の難易度は6もしくは7くらいです。NHKや日本テレビのアナウンサーを目指すのであれば、倍率が1000くらいあるので、9もしくは10になりますが、マスコミはアナウンサーだけではなく、記者や報・・・

エクステリアプランナー2級 難易度

エクステリアプランナー2級の難易度は3です。近年住宅やインテリアなどでなく、エクステリアに関してみても、美観や利便性や快適性などの付加価値の高いものを要求されるようになっているようです。このエクステリ・・・

通訳案内士 難易度

通訳案内士(ガイド)の難易度は6です。勉強期間も確実に1年は必要といえるほどの資格で、お世辞にも簡単な資格の部類には入らないです。 合格率は毎年12から15%、7・8人に1人程度しか合格できませ・・・

行政書士 難易度

行政書士試験の難易度は以前よりもかなり上がりました。 平成1桁のころは4程度だった感じですが、21世紀に入り5・いや一気に6になったかなという気がします。 社労士試験の難易度とほぼ同じくらい、・・・

環境計量士 資格 難易度

環境計量士 資格 難易度 環境計量士の資格の難易度は6です。 環境計量士には3つの資格があり、一般計量士、濃度計量士、環境騒音計量士の3つがあります。 計量士(けいりょうし)とは、経・・・

土地家屋調査士 資格 難易度

土地家屋調査士の難易度は6の上です。 土地家屋調査士試験は試験形式や知識の専門性からすると、難易度は7に近いのですが、最近の受験者数の減少から今後大きな競争は多くならないと考えて、6の上と判断し・・・

気象予報士 資格 難易度

気象予報士 資格 難易度 気象予報士の資格難易度は6です。 難易度6といっても上の方です。思ったよりも難しいです。 今後は7以上に上昇するかも知れないので注意してください。 気・・・