資格 難易度のTOPに戻る


電験3種 難易度

電験3種試験の難易度

電験3種試験の難易度は7です。

電験3種は同じ理科系の試験である気象予報士よりやや難しいかなという印象です。同じ大学2、3年生レベルの数学や物理が細かく出題されます。

電験3種の受験生が約4万人、合格者が約4000人です。合格率は約10%です。

かなり合格率が低いので、ここから考えると難しいです。

電験3種の試験内容は次のようになっています。

理論は電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測から出題されます。

電力は発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料から出題されます。

機械は電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理から出題されます。

法規は電気法規、電気施設管理から出題されます。

点数は基本的に全科目60点以上で合格する科目合格制度を採用しています。

4科目すべて合格時点で資格を取得できます。

1科目の合格は次回と次次回の2回まで免除がされますので、3回以内に4科目すべてに合格すればいいということになり、3回で合格しないとまた1度目に合格した科目と合格していない科目の受験をし直すことになります。

2種は3種の1次試験に2次試験が加わります。

1次試験合格後に以下の内容の記述式での2次試験が課されます。

電力・管理は発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気施設管理の内容から出題されます。

機械・制御は電気機器、パワーエレクトロニクス、自動制御及びメカトロニクスの内容から出題されます。

なお、2次試験での科目合格制度はありません。

電卓は一応四則演算などができるものは使えます。

まだ根強い人気のある電験3種、合格率はかなり低いのでしっかりとした対策をしないと合格できません。

電験3種の対策

短期間で合格するには・・・

「電験3種」は、数ある技術系国家資格の中でも計算問題が多く難関といわれています。

また出題範囲もかなり広いので漫然と勉強していてもなかなか合格レベルには達しません。

「理論」「電力」「機械」「法規」の各科目を試験と同じ形式で学習することにが短期合格の秘訣です。

専門知識を本試験で出題される形で正しく理解して、素早く解答する訓練をすることに尽きます。

早期から専門知識をしっかり記憶して理解する「理解力」と素早く解答を導ける「解答力」を身に付けないと短期合格はできません。

では、どのようにして理解力と解答力を磨いていくか?

完全な独学は避けることです。

初学者が完全な独学で勉強をはじめても専門知識を正しく理解することも難解な問題を素早く解答することもできません。

まずは、合格実績の高い通信教材を利用して、分かりやすく教えてもらって「理解力」を身に付けることからはじめてください。

専門知識を正しく理解していない状態で問題を解いても素早く解答を導き出すことはできません。

合格実績の高い通信教材には、長年多くの合格者を輩出してきたノウハウの蓄積があるので、それを利用しない手はありませんよね。

次に、「理解力」確かめるために「過去問」を中心としたアウトプットを徹底的にやっていってください。

合格実績の高い通信教材は「過去問」をベースに作ってあるので、しっかりとこなせば、大半の過去問を解くことができます。

さらに、試験前には、新作問題の「模擬試験」を受講されると良いでしょう。

初見の問題を時間内に解くための訓練はとても重要です。

その訓練になるのが「模擬試験」です。

大学入試のときにやった「河合塾模試」「駿台模試」みたいなものです。

では、どの通信教材と模擬試験を利用したら良いか?

合格実績が高い通信教材と模擬試験を利用したいけど・・・高い受講料は払えない・・・

そう思われておられると思います。

ただ、電験3種は「エリート電気技師」への登竜門なので、そのための出費は多少かけても良いかと思われます。

電験3種に短期で合格したメリットは計り知れません。

受講料のことも加味して、どの通信教材と模擬試験を利用したら良いか?

日本技能教育開発センター(JTEX)の通信教育講座です。

ご存知の方も多いと思います。

受講経験のおありの方も多いかも知れません。

日本技能教育開発センター(JTEX)の電験三種対策講座総合+直前模擬テストは最低限受講されることをおすすめします。

「電験3種」は、数ある技術系国家資格の中でも計算問題が多く難関といわれています。

「理論」「電力」「機械」「法規」の各科目を試験と同じ形式で学習することにが短期合格の秘訣です。

まさに、その短期合格法を実践した講座が「日本技能教育開発センター(JTEX)の電験三種対策講座総合+直前模擬テスト」です。

講座の特徴

―蘓桓圓砲發錣る段階を踏んだ解説と効果的なアドバイスをしてもらえる。

∋邯害饐譴任發△錣討覆ぅ謄ニックを伝授してくれる。

最近の国家試験の出題傾向を分析し、非常に広い出題範囲をきめ細やかにカバーしてある。

こ惱の総仕上げに、模擬テストと解説の組み合わせでお届けする直前セミナーに参加できる。

ゲ別槓鵡膤覆紡弍したコース選定で、自分自身の試験突破へのスケジュールを組むことができ、効率のよい合格を目指すことができる。

まさに、至れり尽くせりの講座です。

この至れり尽くせりの講座がわずか35700円で受講できることが驚きです。

6か月コースですから1ヵ月換算するとわずか5950円です。

私ならこの2倍以上の受講料を払っても受講したい講座です。

基礎から応用、弱点補強、直前対策まで万全にできるこの至れり尽くせりの教材が極めて低価格で受講できる機会を逃さないでください。

早急に日本技能教育開発センター(JTEX)の電験三種対策講座総合+直前模擬テストを受講すれば、極めて短期間に合格に必要な知識と解答力を身に付けることができます。

おそらくライバル達もいずれはこの講座の存在を知って利用してきますからなるべく早いうちに受講されて差をつけておいてくださいね。

以下の公式HPから簡単に申し込めます。

JTEXの電験三種対策総合講座の資料請求


電験3種は「エリート電気技師」への登竜門です。

電験3種に短期で合格したメリットは計り知れません。

「理論」「電力」「機械」「法規」の各科目を試験と同じ形式で学習することにが短期合格の秘訣です。

その短期合格法を実践した講座が「日本技能教育開発センター(JTEX)の電験三種対策講座総合+直前模擬テスト」です。

基礎、応用、弱点補強、直前対策まで万全にできるこの至れり尽くせりの教材が極めて低価格で受講できる機会を逃さないでください。

JTEXの電験三種対策総合講座の資料請求


最短で「エリート電気技師」へのパスポートをつかんでくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

データベーススペシャリスト 難易度

データベーススペシャリストの難易度は7となっています。合格率は16%となっています。高い技術を誇る情報システムの専門家となっています。ネットワークスペシャリスト試験やプロジェクトマネージャー試験ほどで・・・

情報セキュリティスペシャリスト 難易度

情報セキュリティスペシャリストの難易度は7です。プロジェクトマネージャーやネットワークスペシャリストほどではありませんが、だいぶ難しい試験といえます。合格率も15%前後と高くなっていますが、受験者が3・・・

ボートレーサー 難易度

ボートレーサーの難易度は7です。中卒で受験できることはプラスですが、体重55キロ以下などの厳しい制限があるほか、合格率2%というのは半端ない難しさです。ボートレーサーになるための難しさは養成学校への入・・・

応用情報技術者 難易度

応用情報技術者の難易度は7です。IT関連資格でも難しい資格となっています。高度なIT技術をつけたい人にオススメの資格といえます。 応用情報技術者は高品質なシステム開発の専門家で、主に基本戦略の立・・・

オラクルマスター 難易度

オラクルマスターの難易度は7程度です。これは2番目に難しいと言われているゴールド試験の難易度です。かなり難しい試験といえます。 ただデータベースの技術者の資格なので難しい資格といえます。オラクル・・・

情報セキュリティ アドミニストレータ 難易度

情報セキュリティアドミニストレータの難易度は7です。 合格率5%前後という試験が難易度を高くしています。 ただちなみにこの情報セキュリティーアドミニストレータの受験資格の特にありません。だ・・・

建築士の難易度

建築士試験の難易度は1級が7、2級が5にしておきます。1級はとても迷うところですが、司法書士や不動産鑑定士試験ほどの難しさはないだろう、また行政書士試験や宅建試験よりはかなり難しいだろうという予想の元・・・

社労士 資格 難易度

社労士 資格 難易度 社労士の資格難易度は7です。6と7で迷いましたが、基準点制度が厳しいという点を考慮し、難易度を7にしました。知識レベルはさほどではなさそうですが、10数項目のすべてで60%・・・

中小企業診断士 資格 難易度

中小企業診断士 資格 難易度 中小企業診断士の資格難易度は7です。 中小企業診断士は、出題範囲が膨大な上、1次試験と2次試験の2回の試験を突破しなくてはいけないので、試験形式の難易度が比較・・・


「電験3種 難易度」のトップへ↑
「資格 難易度」のトップへ↑