資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  5 普通中位 > 宅建 資格 難易度


宅建 資格 難易度

宅建資格の難易度についてまとめていきます。

宅建資格の難易度は5です。

宅建は、標準的な難易度の国家資格です。

宅建試験の倍率は6倍強、だいたい15%前後と合格率となっています。絶対試験というよりは相対試験といえます。ただ35点前後の得点を取れば、合格に近づく試験ではないかと思われます。

これから何か国家資格が欲しいと考えている方は、宅建資格から取得すると良いでしょう。

巷の本には、不動産業界必須の国家資格と言われていますが、不動産業界の方だけじゃなく、すべての社会人が持ってて良い国家資格です。

なぜなら、不動産と全く関係のない企業などないからです。

受験制限もないので、誰でも受験できるので、すぐにでも挑戦できる国家資格です。

ちなみに、私は、大学1年生の時、宅建試験を独学で受験して一発合格を果たしました。

宅建試験は、主に宅建業法、民法、法令上の制限(都市計画法など)が出題されます。

その他、宅地建物に関する知識、税、不動産鑑定評価基準など専門的な知識も出題されます。

宅建試験は幅広い知識と専門知識が問われるので、独学で単調に勉強していてもなかなか知識が身に付きません。

毎年、85%の受験生が不合格になる試験です。(つまり、合格率は15%程度です)

常識で解ける問題など出題されず、専門的な勉強をある程度やらないと解けません。

しかも、特に民法の難易度が昔より高くなり、付け焼刃の通り一遍の勉強では全く対応できない問題ばかりです。

民法という法律は、パンデクテン方式という特殊な体系で整理されている法律なので、書店のテキスト等を頭から読んでも理解できないようになっています。

民法を理解し、民法を使えるようになるためには、それ相当の指導を受け、それ相当の訓練をしないといけません。

ただ、宅建試験は、出題形式が易しい試験(択一式、しかも、4選択肢)なので、やりやすい試験です。

宅建試験の知識の範囲・専門性、民法の難易度を考慮すれば、難易度が5以上の試験ですが、出題形式が易しいこと、受験制限がないということなどを総合評価すると、難易度5が妥当なところです。

宅建試験対策ですが、私のように独学で受験するとなかなか短期一発合格はできないと思います。

私は、大学や司法試験の勉強で法律に馴染んでいたので、あまり苦労せず、宅建試験に合格できましたが、全く法律や法律の資格試験に馴染んでいない方が、独学で宅建試験に合格するのは至難の業だと思います。

私は、宅建民法の講座は受講していませんでしたが、司法試験学校の民法を受講していたので、厳密的には独学といえないかも知れません。

宅建試験の受験指導している学校に通って勉強した方が独学より効率よく学習でき、短期合格の可能性は高まることでしょう。

また、通学できない受験生でも、ライブクラスを収録したDVDなどを送ってもらえるので、全く問題ありませんよ。

通信クラスの方が繰り返し学べて、むしろ良いかも知れません。

なお、同じ通信教材でも、ただテキストや質問カードを送ってくるだけの通信講座ではなく、ライブクラスの講義をしっかり収録してもらって送ってもらった方が断然勉強しやすいです。

では、どこの宅建学校が良いか?

基本的には、自分との相性になります。

できれば、難関資格も指導している大手の資格総合学校が良いでしょう。

講師の質、教材の質がやはり違います。

また、大手資格学校は、難関資格の指導で培ったノウハウをたくさん持っているので、試験が難化しても十分対応してくれます。

独学では、何ヶ月経っても理解できないところが、数分、数時間で完璧に理解できた!という場合も多々あります。

タイム・イズ・マネーの時代です。

情報の収集や受験テクニックは学校に効率よく教えてもらって、知識やテクニックの習得に専念した方がはるかに合理的です。

長年受験をしていることは、あなたにとって大きな損失です。

宅建受験以外、知識の確認や試験範囲などの、他にやるべきことはたくさんあるはずです。

一発短期合格を目指すなら、大手資格学校もしくは通信講座などを受講し、勉強すると良いでしょう。

ここでのオススメの学校は、やはり「資格の大原」の宅建主任者講座ということになってきます。

資格の大原は多くの方が知っている超有名なスクールです。ブランド名のあるスクールなので安心してオススメをすることができます。

講師は熱心な指導をしてくれます。フレンドリーなところと厳しいところが両方あります。受講生のやる気を引き出す指導をしていきます。

テキストなどの教材も充実しています。また通信講座のDVDも充実しています。通学講座に負けないだけの内容をそろえています。

あとはメールなどのフォローや質問などにも丁寧にお答えします。スタッフもきっちりとした教育を受けていますので、全体的なレベルも高いです。

以上のようなところから、やはり宅建講座は「資格の大原」がもっとも優秀な学校ではないかと判断しました。

講座を受講する前に、まずはこの「資格の大原」の資料を請求しておくことをオススメします。その資料の中でももっとも大事なところが、合格した先輩の合格体験記のところです。合格した方がどうやって勉強をしたのか、どういう時間配分で合格したのかなどを知ることのできる有力な情報です。

この合格体験記に目を通し、あとは受講して講師の言うとおりに勉強すれば、高い確率で1年以内での合格の可能な試験となっているといえます。宅建試験であれば、資格の大原が要求するレベルで勉強ができれば、ほぼ100%近く合格できるのではないかと思っています。

この「資格の大原」の宅建講座の資料請求は下記から行うことができます。

こちらから⇒【資格の大原】

宅建主任者になるなら


その資料を見た上で講座内容があなたに合うようであれば、その時点で受講をしていただきたいです。思い立ったら吉日。合格する人は行動が早いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

森林インストラクター 難易度

森林インストラクターの難易度は5程度となっています。受験者数が少なく、ある程度のレベルの方が受験しているのと、>合格率が20%程度と低めになっています。やや難しいという評価をしている方をけっこう見かけ・・・

日本酒検定 難易度

日本酒検定の難易度は1級で5、準1級と2級が4、3級以下は1から3となっています。合格率は非公表となっていますが、けっこう難しい試験という噂を聞いています。よってこの難易度にしました。 日本酒検・・・

不動産コンサルティング技能試験 難易度

不動産コンサルティング技能試験の難易度は5くらいとなっています。合格率はおよそ50%から60%ほどとなっていますが、受験者が宅建主任者もしくは建築士・不動産鑑定士などとなっていますので、かなり難易度の・・・

土地改良換地士 難易度

土地改良換地士の資格の難易度は5というところ、宅建主任者と同程度の難易度といえそうです。合格率は20%前後ですが、合格者40名前後とかなりの少数です。マニアで希少性のある資格です。難しい資格ともといえ・・・

CCSA試験 難易度

CCSA試験の難易度は5というところでしょうか。CIA試験の勉強をしていることが前提となっているので、この程度の難易度が妥当かなと考えています。 このCCSA試験は、CSA試験に関する知識と実務・・・

基本情報技術者 難易度

情報処理技術者・その中でも基本情報技術者の難易度は5くらいです。勉強期間も半年くらいはかかりますし、ITパスポートやMOSレベルの知識ではおそらく合格はできません。難易度は難しくなっています。 ・・・

インテリアコーディネータ 難易度

インテリアコーディネータ資格の難易度は5です。難しいという人とそうでもない人がいます。合格率は25%前後となっていますので、比較的高めとなっています。 ただ試験範囲はインテリアのことや建築、住環・・・

EA(米国税理士試験) 難易度

EA(米国税理士)の難易度は5にします。日本の税理士試験に比べれば難しくはありません。 アメリカの全土で通用する国家試験となっています。 受験資格は18歳以上となっています。 学習期・・・

手話通訳士 難易度

手話通訳士の難易度は5と見ています。合格率はだいたい10%台から20%あるかどうかというところでけっこう難しそうです。さらに手話通訳という特殊な仕事でもあるので、資格試験のための学校があまり多くありま・・・

米国弁護士 難易度

米国弁護士の難易度は5です。受験資格はロースクールの修了だけで、受験回数が無制限というのは、日本のロースクールと異なります。 米国弁護士はマニアな資格なので、試験科目や試験の手続きについて述べて・・・

CFA(米国証券アナリスト)試験 難易度

CFA試験の難易度は5です。以前は6ということもあったのですが、アメリカの試験というところを考えると5にしました。 合格率はレベル3が50%強、2が45%前後、1が40%前後です。受かりにくい試・・・

国際会計基準(IFRS)検定試験 難易度

国際会計基準検定 難易度 国際会計基準検定(IFRS Certificate)試験は2009年12月13日初の日本語での試験が開始されました。 日本の難関試験のようにひねった出題はされませ・・・

CISA試験 難易度

CISA(公認情報システム監査人)試験の難易度は10段階評価の5です。 ただ、難易度5というのは、独学や独学に近い状況で勉強される場合を意味します。 以下で紹介する勉強方法を採用すれば、か・・・

2級造園施工管理技士 試験 難易度

2級造園施工管理技士の難易度は迷いました・・。 2級造園施工管理技士試験の難易度はだいたい10段階評価の5というところでしょうか。 受験制限と実務経験がありますので、そこが難易度を少し高く・・・

CIA試験 難易度

CIA試験の難易度は5です。 将来性大の注目の国際資格でありながら、さほど難易度は高くありません。 合格率は各科目で50%弱程度、1回で合格する方も1割から2割弱程度はいるものと思われ・・・

建設業経理士 難易度

建設業経理士の難易度 1級の難易度は5、2級の難易度は3ぐらいでしょう。3級の難易度は2、4級の難易度は1です。 建設業経理検定には、1級、2級、3級、4級まであります。 1級に合格・・・

総合旅行業務取扱管理者 難易度

総合旅行業務取扱管理者の難易度は10段階の5です。 標準的な国家資格なので、旅行業界に興味がある方なら取っておきた資格です。 本気に就職をお考えなら、総合旅行業務取扱管理者資格を取得される・・・

CGエンジニア検定 資格 難易度

CGエンジニア資格難易度は10段階評価の5にしておきます。 まだはじめて5回程度の資格なので、正確なデータを取るのは正直難しいです。参考意見程度と考えていただければ幸いです。 私的には技術・・・

ケアマネージャー 試験 難易度

ケアマネージャーの試験難易度は5というところでしょう。 試験自体はさほど難しくはないのですが、介護実務を5年以上しなければ登録できないので、厳しい道のりです。しかも合格率は約20%と低いです。甘・・・

建築設備士 資格 難易度

建築設備士 資格 難易度 建築整備士資格の難易度は5にしました。 建築設備士は1級建築士を合格できると、100時間程度以下の勉強で合格できるという話も聞きました。 今後難しくしようと・・・


「宅建 資格 難易度」のトップへ↑
「資格 難易度」のトップへ↑