資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  4 普通下位 > 消費生活アドバイザー 難易度


消費生活アドバイザー 難易度

消費生活アドバイザー 難易度

消費生活アドバイザー資格の難易度は4です。

合格率は20%以下の試験です。

2次試験(択一試験、論文・口述試験)まであり、80%以上の受験生が不合格になる試験なので、決して易しい試験ではありません。

ただ、やり方次第で比較的簡単に合格できる試験なので難易度を4にしました。

以下に述べるように、消費生活アドバイザー試験は実施機関から委託を受けて作成された通信講座でしっかり勉強したか否かで合否に影響を与える試験です。

消費生活アドバイザー試験とは?

消費生活アドバイザー試験は、「消費者と企業または行政等のかけ橋として、消費者の意向を企業に反映させるとともに、消費者からの苦情相談などに対して適切なアドバイスができる人材を育成するため、日本産業協会が経済産業大臣の事業認定を得て実施する技能審査」です。

上記から消費生活アドバイザー試験とは何か分析してみると、

消費生活アドバイザー試験とは?

「消費者と企業または行政等のかけ橋」

「消費者の意向を企業に反映させる」

「消費者からの苦情相談」

「適切なアドバイスができる人材」

そういう人材になるための能力があるかどうか審査される試験です。

まず、しっかり上記を頭に叩き込んでおきましょう。

試験形式は、択一式試験(1次試験)、論文式試験(2次試験)、面接試験(2次試験)です。

論文式試験がある以上、択一式試験だけの試験に比べると厄介です。

ただ、論文式試験は、好きな問題を選択できるので、大変助かります。

難関試験の論文式試験は、どんな苦手な問題が出題されても逃げずに答えないといけませんからね。

分からない問題を適当に書いたら、また来年。。。(涙)

消費生活アドバイザー試験は、そういう論文式試験ではなく、できそうな問題を選択できるので、その点やりやすいです。

もっとも、その分レベルも上がるので、しっかり論述できないといけません。

とにかく、日頃からしっかり書く練習をしないといけません。

書いて説明する能力も試されている以上、付け焼刃の勉強では対応できません。

できれば、他人に答案を読んでもらって採点してもらうと良いでしょう。

また、択一試験対策もできれば教科書のみならず、問題演習や模擬試験を受験して実践を積んでおかないとなかなか20%の壁を破るのは困難でしょう。

ということで消費生活アドバイザー試験も地味に難しい試験といえます。試験情報も豊富とはいえず、情報にも乏しくなる可能性もあります。勉強がしにくいということもありますので、できれば資格試験のスクールもしくは通信講座でしっかりとした対策をしておくことも重要といえます。

ではどこがオススメといえるのか?消費生活アドバイザー講座を行っているスクールがは多くありませんが、やはりBRUSH UP学びという教育団体が推薦している産業能率大学の消費生活アドバイザー通信講座がもっとも適しているのではないかと思われます。

産業能率大学は経済産業大臣が認定をしている通信スクールとなっていまして、消費生活アドバイザーを始めとして、社会系資格を中心に様々な講座を扱っています。

この消費生活アドバイザー講座は、出題のポイントがしっかりとしています。また消費生活アドバイザー試験に準拠した内容で講座を運んでいるということと、予想問題に近い問題が出題されるということも多く、この講座出身者の資格の合格率が高くなっているという特徴があります。

顧客対応・消費者相談の仕事の仕事をしている方や消費生活アドバイザーを目指している方などに受講していただきたいと考えています。

この産業能率大学の消費生活アドバイザー通信講座の受講をする前に、講座の資料を請求しておくことをオススメします。資料には資格の魅力と将来性・消費生活アドバイザー資格を活かせる場所・講座カリキュラム・合格体験記などとなっています。

この中でも合格体験記は過去の合格者がどのようにして勉強したかという方法が書かれていますので、少なくてもここだけでも目を通していただきたいです。

この産業能率大学の消費生活アドバイザー通信講座の資料請求は下記から行うことができます。請求方法は下記のリンクをクリックします。次に右上のオレンジの資料請求のところをクリックします。フォームに氏名や住所・メルアドなどの個人情報を記入・確認して送信します。するとあなたの手元に10日ほどで資料が届きます。

こちらから⇒産能大学の消費生活アドバイザー講座の資料請求

送られてきた資料を見て、講座内容があなたの希望と合うようであれば、受講してみることをオススメします。思い立ったら行動をするということはとても重要なことです。

産能大学の消費生活アドバイザー資格を取得し、資格を活用し、消費者センターなどで、消費者と販売者の双方の言い分を正確に処理できるアドバイザーを目指してください。

最後までおよみいただいてありがとうございました。

関連コンテンツ

珠算能力検定 難易度

珠算能力検定の難易度は2から4程度です。10級から7級・6級から4級・準3級から1級までのカテゴリがあります。 10級から9級までがみとり算10問、掛け算20問の合計30問、8級から7級までがみ・・・

暗算検定 難易度

暗算検定の難易度は1から4程度です。10級から1級までの幅広い級があります。 10級から7級までがみとり暗算50問、6級から1級までがみとり暗算20問・かけ暗算30問・割り暗算30問の合計80問・・・

ロシア語検定 難易度

ロシア語検定の難易度は4級と3級が3、2級が4、1級が5にします。総合点ではなく各分野に基準点があるので大変な試験になります。 ロシア語検定の受験生は100名から200名程度の時代が続きましたが・・・

スペイン語検定 難易度

スペイン語検定の難易度は6級と5級が2、4級が3、3級と2級が4、1級が5にしておきます。日本人には英語やドイツ語以上に組みやすいという人が多くいます。 スペイン語は母国のスペインだけでなく、中・・・

理数検定 難易度

理数検定の難易度はAは3、AAは4(上)、AAAは5くらいと思われます。Aは何とか取れそうですがそれ以上は容易でなさそうです。 理数検定は理科検定と数学検定を通して理数の力を上げていくのではない・・・

旅行地理検定 難易度

旅行地理検定の難易度は4級が2、3級が3.2級が4、1級が5というところにしておきます。 合格率は国内が4級会場50%・3級会場40%・2級会場20%超・1級10%、インターネット受験はどの級も・・・

数学検定 難易度

数学検定の難易度は1級が5程度、準1級が4程度、2級と準2級が3程度かなといえます。1級はやや難度がありますが、ある程度数学の得意な方であれば準1級まではあまり苦労せずに取れそうです。ただ理系の大学生・・・

イタリア語検定 難易度

イタリア語検定の難易度は5級で2、4級で3級で3、2級で4、1級で5程度かなと思われます。けっこう難しいかなという印象があります。 勉強時間は5級で100時間、4級で200時間、3級で350時間・・・

技術アジャスター2級 難易度

技術アジャスターの2級の難易度は4です。 技術アジャスターとは自動車事故があったときに、その事故の原因を特定したり、事故車両の修理費用を算定したりする仕事となっています。 自動車事故は全国・・・

キャリアコンサルタント 資格 難易度

キャリアコンサルタントの資格難易度は4です。社労士試験よりやや下程度の難易度かなと思われます。技能士試験から国家試験に格上げをしました。学科試験と実技試験がありますが、合格率はそれなりに高いです。ただ・・・

会計ソフト実務能力試験 難易度

会計ソフト実務能力試験の難易度は4にしておきます。合格率はだいたい40%前後となっていますので比較的受かりやすいですが、企業の実務に関する知識や会計ソフトの全般的な知識を問われますので、さほど易しい試・・・

シニアパソコンインストラクター検定 難易度

シニアパソコンインストラクター検定の難易度は4程度となっています。パソコンの知識だけでなく、シニア層への指導法、セキュリティー、トラブルシューティングなども要求されているので、けっこう大変な試験といえ・・・

ドイツ語検定 難易度

ドイツ語技能検定試験の難易度は難易度は急によって異なりますが、だいたい3から5程度となっています。合格率は5級で85%前後、4級で55%前後、3級で45%前後、2級で40%前後、準1級で30%前後、1・・・

金沢検定 難易度

金沢検定の難易度は上級6、中級で5、初級が4程度となっています。毎回合格率の変動があり、初級でも回によって5%から30%程度までの差がありますので、かなり厄介な試験といえます。金沢検定は古都金沢に基づ・・・

コンプライアンスオフィサー 難易度

コンプライアンスオフィサーの難易度は3から4程度となっています。択一試験で合格率が60%程度となっていますので、さほど難しいという試験ではありません。 コンプライアンスオフィサー試験は、きんざい・・・

美容師 難易度

美容師の難易度は4程度といえます。合格率は70%程度となっているのですが、高校卒業後に美容師養成施設を卒業する必要があります。また美容師試験も突破する必要もあり、お金も100万円弱くらいはかかるのかな・・・

コンクリート技士 難易度

コンクリート技士の難易度は4程度となっています。ちなみにコンクリート技士は5上程度の難易度ではないかと見ています。合格率はコンクリート技士で25%程度、主任技士で13%程度となっています。主任技士試験・・・

レストランサービス技能検定試験 難易度

レストランサービス技能検定試験の難易度は3級と2級が4・1級を5にします。合格率は3級が50%前後・2級で40%前後・1級で35%前後となっています。受験資格のある国家試験となっていますので、簡単な試・・・

犬訓練士 難易度

犬訓練士の合格率は90%程度です。試験自体は難しくないのですが、入所条件などもありますので、決して簡単な資格ではありません。 犬訓練士は日本の警察犬協会公認訓練士が経営する公認訓練所で見習い訓練・・・

管理栄養士 難易度

管理栄養士の難易度は4となっています。4と5で迷ったのですが、受験資格がある点では難しいともいえますが、合格率が50%前後あることが易しい方向に行きます。こういう点では難易度を4にしました。 栄・・・