資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  4 普通下位 > イタリア語検定 難易度


イタリア語検定 難易度

イタリア語検定の難易度は5級で2、4級で3級で3、2級で4、1級で5程度かなと思われます。けっこう難しいかなという印象があります。

勉強時間は5級で100時間、4級で200時間、3級で350時間、2級で600時間、1級は1000時間程度かかりそうです。

合格率も5級は70%くらいありますが、4級で40%、3級で35%、2級で20%、1級で10%程度となっています。イタリア語がかなり難しい言語であることと、マニアな受験生が受けた上で、この合格率ということで、かなり難易度は高く、かなりの学習時間と期間が必要な試験ではないかという判断をしました。

受験資格は特になく、誰にでも受験をすることができます。

級の水準としては、5級がイタリア語の初歩、英語で言うと中学2年程度。4級で平易なイタリア語、高校2年程度、3級で日常生活に必要なイタリア語、大学2年程度、2級で業務上必要なイタリア語、大学院1年程度、1級で社会生活すべてに必要なイタリア語、学生レベルを超える程度と予想されます。

試験日は3月と10月頃の年2回、1次試験で筆記試験とリスニング試験、2次試験で1次の合格者のみに口頭試験を課していきます。3級までが1次試験のみで、2級以上は2次試験合格を最終合格としています。

イタリア語検定はかなり勉強にしくい試験です。なかなか自学だけでは合格にはたどり着かないでしょう。ということからもイタリア語検定の学校ないしは通信講座で合理的な学習をすることをしていくことがもっともいいのかなと感じています。

ということでどのスクールがもっとも合格に近づく学習をしているのか?いろいろ調べましたが、ここでは渋谷外語学院の実用イタリア語検定1・2・3級(一次対策)添削コースを紹介していきます。

なぜ渋谷外語学院なのか?魅力はイタリア人のネイティブが講師と課題の添削をしてくれるところですかね。イタリア語検定の作成者は日本人ではなくイタリア人。イタリア人と日本人では言葉に対する微妙なニュアンスの差があるので、この差を埋めるにはやはり本場のイタリア人の講師が指導をすべきではないかと考えたところです。ここが最大のポイントとなっています。

重要問題、類似問題、予想問題で構成した全問題形式のオリジナルテキストを使用します。専任イタリア人講師が担任制で丁寧に添削し、コメントとともに評価していきます。実用イタリア語検定は、問題作成がイタリア人であることも特徴であり、イタリア人講師から指導を受けるのは対策の重要なポイントです。

専任イタリア人講師が担任制で丁寧に添削し、コメントとともに評価していきます。重要問題、類似問題、予想問題で構成した全問題形式のオリジナルテキストを使用していきます。重要問題、類似問題、予想問題で構成した全問題形式のオリジナルテキストを使用していきます。

添削返送時にテープスクリプト、1・2級では長文読解の日本語全訳と必要に応じて記述問題の形式サンプルをお送りします。リスニングCD2〜3枚付となっています。

講座のテキストは、課題集やリスニングCD2枚などとなっています。学習期間は6カ月程度となっていますが、添削回数がとても多く3級で15回程度、2級と1級は10回プラス模擬試験が課されます。これだけの厳しい課題をクリアできると、やはり合格の可能性が高まりますね。

という感じになっています。この渋谷外語学院の実用イタリア語検定1・2・3級(一次対策)添削コースに興味のある方は、まずは講座の概要・イタリア語検定及び渋谷外語学院の紹介などがなされている資料を請求してみることをオススメします。試験や講座の概要が分かるはずです。今後受験をするか否かの判断にもなりますので、資料だけでも請求しておくことをオススメします。

なかなか勉強をしにくい検定でもありますので、この講座はオススメです。受講料金もさほど高いわけでもないので、この点でもオススメといえます。やるからには年間20名程度しか取得をできない1級を目指してほしいです。イタリア語であれば、英語などと比べても、翻訳者や通訳者などの語学で仕事をする機会もあるでしょう。この面でもオススメといえます。

関連コンテンツ

珠算能力検定 難易度

珠算能力検定の難易度は2から4程度です。10級から7級・6級から4級・準3級から1級までのカテゴリがあります。 10級から9級までがみとり算10問、掛け算20問の合計30問、8級から7級までがみ・・・

暗算検定 難易度

暗算検定の難易度は1から4程度です。10級から1級までの幅広い級があります。 10級から7級までがみとり暗算50問、6級から1級までがみとり暗算20問・かけ暗算30問・割り暗算30問の合計80問・・・

ロシア語検定 難易度

ロシア語検定の難易度は4級と3級が3、2級が4、1級が5にします。総合点ではなく各分野に基準点があるので大変な試験になります。 ロシア語検定の受験生は100名から200名程度の時代が続きましたが・・・

スペイン語検定 難易度

スペイン語検定の難易度は6級と5級が2、4級が3、3級と2級が4、1級が5にしておきます。日本人には英語やドイツ語以上に組みやすいという人が多くいます。 スペイン語は母国のスペインだけでなく、中・・・

理数検定 難易度

理数検定の難易度はAは3、AAは4(上)、AAAは5くらいと思われます。Aは何とか取れそうですがそれ以上は容易でなさそうです。 理数検定は理科検定と数学検定を通して理数の力を上げていくのではない・・・

旅行地理検定 難易度

旅行地理検定の難易度は4級が2、3級が3.2級が4、1級が5というところにしておきます。 合格率は国内が4級会場50%・3級会場40%・2級会場20%超・1級10%、インターネット受験はどの級も・・・

数学検定 難易度

数学検定の難易度は1級が5程度、準1級が4程度、2級と準2級が3程度かなといえます。1級はやや難度がありますが、ある程度数学の得意な方であれば準1級まではあまり苦労せずに取れそうです。ただ理系の大学生・・・

技術アジャスター2級 難易度

技術アジャスターの2級の難易度は4です。 技術アジャスターとは自動車事故があったときに、その事故の原因を特定したり、事故車両の修理費用を算定したりする仕事となっています。 自動車事故は全国・・・

キャリアコンサルタント 資格 難易度

キャリアコンサルタントの資格難易度は4です。社労士試験よりやや下程度の難易度かなと思われます。技能士試験から国家試験に格上げをしました。学科試験と実技試験がありますが、合格率はそれなりに高いです。ただ・・・

会計ソフト実務能力試験 難易度

会計ソフト実務能力試験の難易度は4にしておきます。合格率はだいたい40%前後となっていますので比較的受かりやすいですが、企業の実務に関する知識や会計ソフトの全般的な知識を問われますので、さほど易しい試・・・

シニアパソコンインストラクター検定 難易度

シニアパソコンインストラクター検定の難易度は4程度となっています。パソコンの知識だけでなく、シニア層への指導法、セキュリティー、トラブルシューティングなども要求されているので、けっこう大変な試験といえ・・・

ドイツ語検定 難易度

ドイツ語技能検定試験の難易度は難易度は急によって異なりますが、だいたい3から5程度となっています。合格率は5級で85%前後、4級で55%前後、3級で45%前後、2級で40%前後、準1級で30%前後、1・・・

金沢検定 難易度

金沢検定の難易度は上級6、中級で5、初級が4程度となっています。毎回合格率の変動があり、初級でも回によって5%から30%程度までの差がありますので、かなり厄介な試験といえます。金沢検定は古都金沢に基づ・・・

コンプライアンスオフィサー 難易度

コンプライアンスオフィサーの難易度は3から4程度となっています。択一試験で合格率が60%程度となっていますので、さほど難しいという試験ではありません。 コンプライアンスオフィサー試験は、きんざい・・・

美容師 難易度

美容師の難易度は4程度といえます。合格率は70%程度となっているのですが、高校卒業後に美容師養成施設を卒業する必要があります。また美容師試験も突破する必要もあり、お金も100万円弱くらいはかかるのかな・・・

コンクリート技士 難易度

コンクリート技士の難易度は4程度となっています。ちなみにコンクリート技士は5上程度の難易度ではないかと見ています。合格率はコンクリート技士で25%程度、主任技士で13%程度となっています。主任技士試験・・・

レストランサービス技能検定試験 難易度

レストランサービス技能検定試験の難易度は3級と2級が4・1級を5にします。合格率は3級が50%前後・2級で40%前後・1級で35%前後となっています。受験資格のある国家試験となっていますので、簡単な試・・・

犬訓練士 難易度

犬訓練士の合格率は90%程度です。試験自体は難しくないのですが、入所条件などもありますので、決して簡単な資格ではありません。 犬訓練士は日本の警察犬協会公認訓練士が経営する公認訓練所で見習い訓練・・・

管理栄養士 難易度

管理栄養士の難易度は4となっています。4と5で迷ったのですが、受験資格がある点では難しいともいえますが、合格率が50%前後あることが易しい方向に行きます。こういう点では難易度を4にしました。 栄・・・