資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  3 易しい > 貸金業務取扱主任者 難易度


貸金業務取扱主任者 難易度

貸金業務取扱主任者試験は、問題数、出題形式ともに宅地建物取引主任者試験に似ていますが、宅地建物取引主任者試験の方が全然難しいです。関係法令の出題数がやや多いかなという感じがします。

ただ、貸金業務取扱主任者試験の内容をしっかりと理解するには、民法をはじめ商法、民事訴訟法、破産法等の民事法全体の基本的な理解が必要となるため、世間一般で言われているよりは易しくないと思っておいてください。

主に出題される法律は貸金業法についてですが、民事法全体の理解を必要とするため、貸金業法の勉強のみならず、法律(特に民事法)の勉強をしなくてはなりません。

また、宅建試験も以前は簡単な試験でしたが、平成5年を過ぎたころから今までかなり難しくなりました。

ですので、貸金業務取扱主任者試験も現在は比較的簡単な国家試験ですが、将来的には必ず難しくなると思われますので、早めに取得しておくと良いでしょう。

貸金業務取扱主任者試験の合格率は、第一回目は70%程度ありましたが、第二回目は65%程度になりました。

今後は60%程度に落ち着くものと思われます。

貸金業務取扱主任者試験の勉強方法(試験対策)

難易度、合格率からすると、書店に売っている貸金業務取扱主任者試験のテキストや問題集を独学で勉強しても合格できそうにも思えます。

しかし、貸金業務取扱主任者試験は、先ほども述べたように、民法をはじめ商法、民事訴訟法、破産法等の民事法全体の基本的な理解が必要なため、真の理解をするためには法律の基本的な勉強をしないといけません。

テキストや問題集の表面的な知識を丸暗記する勉強ではなく、民事法の理解を前提とした理解をする勉強をすると良いでしょう。

特に、今後宅建試験や行政書士試験等のより難易度の高い資格試験を受験される方は、民事法(特に民法)の基礎的な勉強法しておくと良いでしょう。

もっとも、貸金業務取扱主任者で求めなれている民事法の知識はごく基本的なところだけなので、心配しないでください。

では、具体的にどのような勉強方法をしていけば良いか?

既に、法学検定や宅建試験等で民法を勉強したことがある方は、書店で相性に合いそうなテキストや問題集を購入して、問題集を中心に繰り返し勉強していけば、十分独学でも短期合格が可能です。

まだ、法律の勉強や法律資格の勉強をしたことがない方は、まずは、法律資格に定評がある大手の資格学校の通信講座等で勉強すると良いでしょう。

なぜなら、法律資格に定評のある資格学校には、多くの受験情報のみならず、宅建や行政書士、司法書士等の受験指導で養ってきた指導ノウハウを持っているからです。

基本から正確かつ分かりやすく教えてもらえるので、無味乾燥な暗記学習ではなく、理解を伴う実のある学習ができます。

独学では何ヶ月経っても理解できなかった事項が、実績の高い学校の通信講座等を利用すれば、わずか数分・数十分で理解できる場合も多々あります。

また、本試験に出題されるところをしっかり予想もしてくれるので、試験会場では多くのおなじみの問題を目にすることでしょう。

何より、合格実績の高い学校の通信講座を徹底利用すれば確実に合格できる力が付くので、自信を持って試験会場に向かえます。

では、合格実績の高い学校とは?

TACの貸金業務取扱主任者講座を紹介します。ここしかないといっても過言ではありません。

TACは試験の合格に必要なオリジナルのテキストとDVDがあります。DVDで確認しながら知識を進めていき、穴を少しずつカバーしていく方法で勉強をしていくと、合格の可能性が高まっていきます。

優秀な講師陣と最高のテキスト内容のコラボで、受験生を合格というゴールに運んでいきます。

まず合格というゴールに行くためにどうするか。資格の学校TACと貸金業取扱主任者資格のことを知ることです。そのためにもまずTACに資料だけでも請求してみましょう

資料にはオリジナル教材・カリキュラム・試験日程・受講コースと受講料・フォロー制度・合格体験・フォロー制度など試験や講座内容のことについて詳細に内容が書かれています。

その資料を見るだけでも合格が半歩以上近づいたという判断をしてもいいはずです。

この合格への必要資料ともいえる、TACの貸金業務取扱主任者講座の資料は下記から請求することができます。

こちらから⇒

まず資料だけでも取得しておくことをオススメします。あまり開講しているスクールが多くなさそうなので、この情報はなかなか貴重になりそうです。無料で請求できますので、基本的に安心といえます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

不動産流通実務検定 難易度

不動産流通実務検定の難易度は3程度です。スコア制なので合否に関係ありません。 安心・安全な不動産取引に必要な実務知識や行動規範・実戦応用力が身に付いているかを見ていく指標となっています。 ・・・

トレース技能検定 難易度

トレース技能検定の難易度は2から3です。1級から4級までがあります。 トレース技能検定はトレーサーとしての専門知識及び技能を有しているかを判断、成績優秀者及び成績優秀団体には文部科学大臣賞等が授・・・

洋裁技術検定 難易度

洋裁技術検定の難易度は2から3程度です。初級から上級までがあって合格率はどこも80%程度あります。 洋裁全般の知識と実技の技術を証明する資格となっています。 洋裁技術検定の受験資格は協会の・・・

SEO検定 難易度

SEO検定の難易度は2から4程度です。 日本で唯一のSEO技術者を養成している全日本SEO協会が行っている検定試験です。実は管理人もこの協会のSEO・WEBコンサルタントという肩書を持っています・・・

毛筆書写検定 難易度

毛筆書写検定の難易度は2から5程度にしておきます。上級は達人もいてけっこう難しそうです。 合格率は5級が95%・4級が90%・3級が70%・2級が40%・準1級が20%・1級が10%となっていま・・・

木材検定 難易度

木材検定の難易度は2程度です。難しい試験ではありません。 木材検定は木が持っている特性や建築・加工技術を学ぶことで様々な仕事を役立てるための検定となっています。 木材の専門家や趣味で木材な・・・

情報検索応用能力試験 難易度

情報検索応用能力試験の難易度は2から4(下)程度です。難しい試験ではなさそうです。 合格率も3級85%・2級45%・1級30%と特段に厳しいというわけではありません。勉強をすれば誰もが合格できる・・・

企業情報管理士試験 難易度 

企業情報管理士試験の難易度は3(上)程度です。難しそうなイメージがありますが実際はさほど難しくありません。 企業情報管理士試験は企業情報の保護を目的とした試験です。新人社員も含めて企業情報の保護・・・

金融英語検定 難易度

金融英語検定の難易度は2から4程度です。スコア制になっているので合否はありません。 サブプライムローン・投資・ライフプランなど日本でも問題になっている金融や経済問題を日本にも行っています。 ・・・

リビングスタイリスト検定 難易度

リビングスタイリスト検定の難易度は1級は4・2級は3・3級は2程度と考えています。繊細な仕事ですが検定自体はさほど難しい試験ではありません。 リビングスタイリストはインテリアを扱う分野でお客さん・・・

アラビア語検定 難易度

アラビア語検定の難易度は2から5程度となっています。6級から1級までがあります。アラビア語という特殊性と受験生があまり多くなさそうなので地味に難しいのではないかと見ています。 国内の大学でもアラ・・・

情報検定 難易度

情報検定の難易度は2から4程度と考えています。活用試験は1・2・3級、システム試験が基本・プログラミング・システムデザイン、デザイン試験が初級と上級になっています。 情報技術はより高度に幅も広く・・・

ニュース時事能力検定 難易度

ニュース時事能力検定の難易度は1から4程度です。5級から1級までの6ランクがあります。 出題範囲は5級で国内や一般社会常識・小・中学生対象、4級が新聞やニュースに関心が持てる・優秀小学生・中・高・・・

校正技能検定 難易度

校正技能検定の難易度は2から4となっています。初級・中級・上級と3段階があります。 校正は書籍や雑誌などの文章の内容を修正したり、誤字を訂正したりする専門家です。 校正は出版業界だけでなく・・・

レタリング技能検定 難易度

レタリング技能検定の難易度は2から4程度です。1級から4級までがあります。 合格率は1級が10%未満・2級が25%・3級が60%・4級が85%ほどです。簿記検定と同様に1級から4級までがあって合・・・

サーフィン検定 難易度

サーフィン検定の難易度は1から4程度となっています。1級から5級までがあります。1級は標準的で2級以下は難しくありません。 多くのサーファのためにサーフィンの実力を試す検定として作られました。 ・・・

サービス接遇検定 難易度

サービス接遇検定の難易度は2から4です。 サービス接遇検定は、対人心理の理解・応対の技術・口のきき方・態度・振舞いなどが考査されます。おもてなしの心と形を作っています。 企業や専門学校への・・・

ビジネス実務マナー検定 難易度

ビジネス実務マナー検定の難易度は2から4程度かなと思われます。 ビジネス実務マナー検定では仕事人としての判断・行動が適切にできるか・人間関係やマナー・話し方を理解しているかなどの知識を問います。・・・

着物検定 難易度

着物検定の難易度は1から4程度と思われます。5級から1級までがあります。着物に関する常識や基礎知識を問います。 5級は着物に関する一般常識・4級は初級知識・3級は中級知識・2級は上級知識・1級は・・・

美術検定 難易度

美術検定の難易度は4級と3級が2、2級が3、1級を4にしておきます。作品の意図などを感じ取る楽しさのある検定ともいえます。 成熟している美術鑑賞者を目指している方・美術や芸術マニアの方に適してい・・・