資格 難易度のTOPに戻る


施工管理資格 年収

施工管理の資格の種類としては、土木施工管理技士・建築施工管理技士・電気工事施工管理技士・管工事施工管理技士・造園施工管理技士などがあります。いずれも建築・土木・設備関係などで重宝されている資格となっています。

年収はどの資格も平均で400万円台かなと思われます。20代だと300万円前半程度、30代で300万後半、40代で450万円程度、50代で500万円を少し超える程度ではないかと思っています。ここは年齢や経験そして社内の規模や収益によっても異なってきます。

難易度は各資格とも2級と1級があり、2級は3から4程度、1級が5から6程度と思われます。仕事をしているので合間で勉強する必要があるので大変ですが、2級で半年・1級で1年程度の勉強でも合格できる方が出てきます。ただ現場監督の方は勉強があまり得意でない方も多くいますので、何度も落ちてしまい苦戦をする可能性はあります。

離職率はだいたい10%から12%程度と思われます。入職率がだいたい8%から9%程度のようなので、毎年のように人員不足が続いています。

施工管理の仕事は、土木や建築の現場監督・職人管理・品質管理などを行う仕事なので、労働時間が長く・休日出勤なども多く休みが取れません。典型的な激務・ブラックのところが多くなっています。大企業の方が離職率は少なくなりますが、長時間労働の傾向はあまり変わらないと思って間違いないと思われます。

このように施工管理の仕事はとてもハードですので、資格を取得する前の方・これから就職する学生の方、そして会社から資格を奨励されている方も、本当に今働こうとしている・もしくは働いている会社でいいのか?本当に対価が正当に評価をされているかを真剣に考えてほしいと思っています。

施工管理・現場監督などで就職や転職する企業はとにかく慎重に選びましょう。

条件に騙され、入社してから「こんなはずでは・・・・・」という方が本当に多くいます。

とにかく就職・転職は『自分に合う会社』と出会うことが大切です。

就職・転職する企業を決める前に、まず公平中立な立場で就職・転職の相談にのってくれる第三者の相談窓口があるので相談してみるのも良いでしょう。

就職・転職の第三者の相談窓口」として活動している『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は人材紹介会社ではありません。

就職・転職など仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

人材紹介会社に企業を紹介されたが本当に大丈夫なのか第三者の意見を聞きたい
就職・転職したい企業があるが、本当にブラックでないのか第三者の意見を聞きたい
などの『就職・転職のセカンドオピニオン相談』や、
「現在の仕事の相談」
「今の職場を辞めたい人の相談」
「自分に合った企業の紹介」
「自分に合った職業の紹介」

などの相談も無料で受けています。

就職・転職する企業を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら

関連コンテンツ

時間に余裕を持って

資格試験当日は時間を持った行動が必要になります。特に午前中から試験がある場合にはよりそのような行動が必要になります。 資格試験は大学受験などと異なり、雪や大雨などの天候や交通の遅れなどを考慮して・・・

システムエンジニア・SEの年収

システムエンジニア・SEの年収は540万円程度になっています。この5年から10年はだいたいこの程度となっています。SEは年齢も大事ですが、業務経験や専門のスキルによって年収が異なっています。 シ・・・

仕事に役立つ資格・検定ランキング

仕事に役立つ資格・検定は次のようになっています。ここでは上位20資格を書いていきます。この基準は保有の資格の中で、取得した資格が、直接もしくは間接的に仕事に役立っているかどうかを客観的に示したかどうか・・・

資格試験で学んだことは必ず役に立つ!

私は、宅建試験を合格した後、かつては国家最難関と言われていた(旧)司法試験に8年間挑戦して合格できず、現在、会社の社長として活動しています。 資格試験で勉強したことなんて社会に出ればほとんど役に・・・

稼げる資格とは?

稼げる資格とは? 稼げる資格ランキング こういうテーマのパンフや書籍、サイトを見ることがあるかと思います。 あなたはどの資格を取れば「稼げる」と思いますか? 弁護士?税理士?司・・・

ソーシャルメディアの有効活用法が分かる無料動画講座

ソーシャルメディアの有効活用法が分かる無料動画講座 ソーシャルメディア(Facebook、アメブロ、ツイッター等)を使いこなせると、情報収集、情報発信を思い通りにできるようになります。 情・・・

資格の難易度比較について

資格の難易度比較について 皆様から多くのご意見をいただいております。 特に多いのが〇〇資格より〇〇資格の難易度の方が上だ!下だ!というご意見です。 貴重なご意見有難うございます。 ・・・

GOO(旧Veeschool・ヴィースクール)で資格の学校を探そう!

GOOschool(グースクール)で資格の学校を探そう! GOOschool(グースクール)では、60000件以上の情報を掲載中です! 圧倒的な数の講座を紹介しているサイトです。 必・・・

法科大学院 難易度

法科大学院 難易度 ただ東大と慶大の2大学が8 早大や中大、京大、明大、立命大、阪大、一橋大レベルが7 関大、関学大、同大、名大、東北大、神戸大、大阪市大、九大レベルが6 横国・・・

司法書士と行政書士の難易度を徹底比較

司法書士試験と行政書士試験の難易度を比較してみます。 司法書士の難易度は8です。 合格率が2.8%前後と極めて低く、問われる知識も専門的かつ細かいです。 試験形式は、択一式と書式です・・・

カイロプラクティック技術者 難易度

カイロプラクティック技術者の難易度は3です。 カイロプラクティックはアメリカで発展した自然治癒力回復を目的とした治療法です。 日本では、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師・・・

資格の活かし方を考えよう!

資格の活かし方を考えよう! 資格は取ったけど、全く活かしていないという方が多いです。 最初から自己啓発のために資格を取得しようという方は別ですがほとんどの方は、資格を活かして働きたい、独立・・・

資格試験学校の選び方と活用法

資格試験学校の選び方と活用法について 今回は、資格取得、特に難関資格取得には不可欠な存在である資格試験の選び方と活用法について解説します。 資格試験取得に資格試験の学校は必要か? 全・・・

アウトプット中心の勉強をしよう!

アウトプット中心の勉強をしましょう! これは超難関資格から簡単な資格でも同じです。 アウトプット中心の勉強? 当然、基本事項が分からないと、問題文すら読めないので、いきなりアウトプッ・・・

資格試験は過去問にはじまり過去問に終わる。

資格試験は過去問にはじまり過去問に終わると言われているその理由とは? 資格試験において過去問検討は非常に有効です。 過去問の検討をおろそかにする受験生は合格から遠退きます。 なぜなら・・・

資格試験の選び方

資格試験の選び方 資格難易度サイトにご訪問されているあなたには、目標にしている資格があると思います。 もしかすると、まだどの資格を受ければ良いか迷われている方もいるかも知れません。 ・・・

資格試験学校の選び方

資格試験学校の選び方 難易度の高い資格を受験する場合に必要不可欠なのが受験指導をしてくれる資格試験の学校です。 難易度が低い資格でも、時間短縮を図るために資格試験の学校を利用する場合もあり・・・

複数資格を取得するメリットとデメリット

複数資格を取得するメリットとデメリット 複数資格を取得するメリットとデメリットについてまとめていきます。 複数資格を取得するメリットは、職域を広げられることです。 デメリットは、資格・・・

資格難易度の評価は難しい!

資格難易度の評価は難しい! 資格の難易度を評価することはとても難しいです。 まず、誰を対象とすべきかです。 素人が受験すれば難関であるが、業界人や学校などで勉強した人が受験すれば簡単・・・


「施工管理資格 年収」のトップへ↑
「資格 難易度」のトップへ↑