資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ > 狙い目の資格

狙い目の資格

米国公認会計士(USCPA)試験の難易度はどれぐらいか? 米国公認会計士試験の難易度は5程度です。 米国公認会計士試験は、英語で出題され、難しく感じる資格ですが、基本的な知識が浅く広くまん・・・
発達障害地域支援員(チャイルド・ライフ・サポーター)の難易度は2にしておきます。ベーシックコース・プロコース・ラーニングコースの3種類があります。基本的に受験資格もありませんし、通信講座だけで資格が取・・・
建築業などの方におすすめの資格『ウッドライフアドバイザー』をご紹介します。 「Wood Life Adviser」は、一般社団法人Wood Life協会が発行する資格です。 現代社会では、・・・
RAS職人マイスター制度資格の難易度は4です。 RAS職人マイスター資格は改修・修繕工事に必要な知識・技術を習得、職人の腕を証明する唯一の認定制度となっています。いっそう需要が増えていく改修・修・・・
個人情報管理士の難易度は3、ちなみに上級個人情報管理士試験の難易度は4とします。 両試験とも講習と認定試験で合格することができますので、合格率は高めとなっています。ただ個人情報保護士資格の知識も・・・
狙い目の国家資格とは? 狙い目の国家資格といってもたくさんありますが、今回はイチオシの狙い目国家資格をご紹介します。 不況のご時勢、生半可な資格を取得しても相手にされません。 もちろ・・・
証券外務員二種 難易度 2006年以降、証券外務員二種試験を一般に開放したことに伴って、二種試験の難易度は上昇しました。 以前なら難易度2程度の試験でしたが、現在は難易度3です。 ち・・・
知的財産管理技能検定 難易度 知的財産管理技能検定の難易度は1級は7・2級は4から5程度となっています。思ったよりも難易度の高い資格となっています。 知的財産管理(特許専門業務)の職種にお・・・

カテゴリー「狙い目の資格」のトップへ↑