資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  狙い目の資格 > 知的財産管理技能試験 難易度


知的財産管理技能試験 難易度

知的財産管理技能検定 難易度

知的財産管理技能検定の難易度は1級は7・2級は4から5程度となっています。思ったよりも難易度の高い資格となっています。

知的財産管理(特許専門業務)の職種における上級の技能者が通常有すべき技能およびこれに関する知識が問われます。

1級になるとかなり高い難易度になります。合格率も5%前後と極めて低いです。

知的財産管理技能検定1級は、試験内容も受験資格も倍率も高いため、すでに知的財産関係の仕事で5年以上活躍している方のキャリアアップの資格です。なので、一般人が受験する試験ではありません。

知的財産管理技能検定1級が受験できるレベルの人材になっていれば、間違いなく企業の第一線で活躍されていると思われます。

将来的にはそのレベルになってくださいね。

一般の方々はまずは、2級か3級からはじめることになります。

2級は狙い目で、比較的容易かつ評価の高い資格です。合格率も40%と高いです。

ただ、受験資格があり、受験資格を充たしていない方は3級から受験することになります。

2級の受験資格は知的財産に関する業務について2年以上の実務経験を持っていること・知的財産管理技能検定3級に合格していること・知的財産検定2級、準2級の認定者及び2級科目試験に合格していること
・学校教育法による大学又は大学院において検定職種に関する科目について10単位以上を修得していること

知的財産関係の仕事に従事されていない方や大学で知的財産関連の単位を取得されていない方は3級から受験することになります。

知的財産管理(管理業務)の職種における初級の技能者が通常有すべき技能およびこれに関する知識の程度を問われます。

知的財産に関する常識程度が問われます。

もっとも、「常識」といっても、「一般人の常識」とは違います。「知的財産関連業界の常識」です。初心者にとっては、とっつきにくい内容なので、それなりの勉強と対策をしないといけません。

当サイトでは3級から受験されることをおすすめします。

3級から受験すれば、基礎の基礎からマスターできるので、強固な土台を築くことができます。

強固な土台があれば、将来2級、1級を目指すこともさほど困難ではなくなります。

英語でも数学でも、基礎かあってこその応用です。中学生の英語ができずに高校生の英語はマスターできません。

急がば回れで、3級から受験することをおすすめします。

以下で解説するように、分かりやすい講義を受講すれば、極めて短時間で3級合格レベルになり、かつ、2級合格の基礎を固めることが可能になります。

☆知的財産管理技能検定の将来性と勉強法☆

知的財産に関する技能の持ち主は、これから必要とされる人材なので、知的財産管理技能検定は、数少ない将来性大の資格です。

今ならまだ、さほど難易度も高くありません。

「知的財産の技能」は、国家も注目している技能です。

もちろん、国のみならず、企業や各種団体でも「知的財産の技能」の持ち主を高く評価しており、必要とされています。

弁理士試験の難易度は極めて高く、合格するまでに最低でも3年〜5年以上かかってしまいますが、通信教育等を合理的に活用すれば、知的財産管理技能検定3級なら1ヶ月もあれば十分合格できる資格です。
まずは通信教育などを利用して3級からスタートすることをおすすめします!

知的財産管理技能検定の勉強方法については、通信教育などを利用して合理的かつ正確に学んでいくことをおすすめします。

タイム・イズ・マネーの時代なので、早くかつ合理的な勉強方法を追求すべきです。

受験勉強に多くの時間を割いているようでは、時代から取り残されてしまいます。

また、知的財産関係の知識は専門性がとても高く、独学でテキストを読んでもなかなか理解できないです。

よって資格試験の専門学校もしくは通信講座などで合理的な学習をしていくことをオススメします。

ではどこがもっともオススメなのか?

いろいろ見回ったのですが、ここではユーキャンの知的管理技能士2・3級講座がもっとも適しているのではないかといえます。ユーキャンは誰もが知っている人気の通信講座となっています。またテキストも具体的な説明で分かりやすいとても勉強がしやすい講座となっています。簿記検定や秘書検定・知的財産管理検定3・2級クラスの講座に適しているのではないかと見ています。

ユーキャンの知的財産検定2・3級講座は、重要ポイントを押さえた構成・試験問題の大半をカバーできる公式テキストで理解度を試します。働いている方にも勉強がしやすいように、詳細な解説などもついて読みやすくなっています。1日に90分の学習時間を確保できるような工夫をしていただきたいです。

ユーキャンの知的財産検定2・3級講座は、研究開発職に携わる技術者の方知財関連部門への転職を考えている方・映画や音楽・アニメなどのコンテンツ業界に興味のある方・企業の広報部に勤務している方などに適した講座となっています。

特に知的財産管理技能士資格は、入社3年以内に取得しておくとメリットが大きいこと、試験が年3回あるところから取得のチャンスが大きいこと、弁理士などに比較しても、費用や額十時間面での負担が小さいので、勉強がしやすいというところに魅力があります。

弁理士試験までのプランを考えている方は、TACの講座をオススメしますが、この知的財産管理技能士資格の取得を目標にしている方は、ユーキャンの知的管理技能士2・3級講座で十分ではないかと思われます。

講座を受講をしたいと思っている方は、まずユーキャンの知的管理技能士2・3級講座の資料請求をしておくことをオススメします。資料請求は下記から請求できます。まずは下記リンクをクリックします。次に気になる講座が決まっているの講座をクリックします。次に左側の法律・ビジネスの知的財産管理技能士の講座をクリックします。すると知的財産管理検定のページ内に入ることができます。次に青の資料請求をクリックします。次に氏名や住所・メルアドなどの情報を記入し、確認して送信します。するとあなたの手元に10日ほどで資料が届きます。送られてきた資料をじっくりと見た上で、講座内容があなたの相性と合っていると感じたら受講をしていただきたいです。

こちらから⇒【PC用】ユーキャンの知的財産管理技能士(2・3級)講座

資料を見た上で、受講内容があなたの相性と合うようでしたら、ぜひ受講をしてみることをオススメします。

知的財産管理技能検定は、企業のみならず、国家も注目している有望な技能検定です。3級だけでなく一気に2級も取得してしまいましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

ウッドライフアドバイザー 難易度

建築業などの方におすすめの資格『ウッドライフアドバイザー』をご紹介します。 「Wood Life Adviser」は、一般社団法人Wood Life協会が発行する資格です。 現代社会では、・・・

RAS職人マイスター制度資格 難易度

RAS職人マイスター制度資格の難易度は4です。 RAS職人マイスター資格は改修・修繕工事に必要な知識・技術を習得、職人の腕を証明する唯一の認定制度となっています。いっそう需要が増えていく改修・修・・・

発達障害地域支援員 難易度

発達障害地域支援員(チャイルド・ライフ・サポーター)の難易度は2にしておきます。ベーシックコース・プロコース・ラーニングコースの3種類があります。基本的に受験資格もありませんし、通信講座だけで資格が取・・・

個人情報管理士資格 難易度

個人情報管理士の難易度は3、ちなみに上級個人情報管理士試験の難易度は4とします。 両試験とも講習と認定試験で合格することができますので、合格率は高めとなっています。ただ個人情報保護士資格の知識も・・・

証券外務員 難易度

証券外務員二種 難易度 2006年以降、証券外務員二種試験を一般に開放したことに伴って、二種試験の難易度は上昇しました。 以前なら難易度2程度の試験でしたが、現在は難易度3です。 ち・・・

米国公認会計士 難易度

米国公認会計士(USCPA)試験の難易度はどれぐらいか? 米国公認会計士試験の難易度は5程度です。 米国公認会計士試験は、英語で出題され、難しく感じる資格ですが、基本的な知識が浅く広くまん・・・

狙い目の国家資格とは?

狙い目の国家資格とは? 狙い目の国家資格といってもたくさんありますが、今回はイチオシの狙い目国家資格をご紹介します。 不況のご時勢、生半可な資格を取得しても相手にされません。 もちろ・・・