資格 難易度のTOPに戻る


弁護士になるには

弁護士になるには?

かつては、難関の司法試験に合格した後の司法研修を修了でなることができました。

現在は、大学を卒業後に法科大学院に入学して、その後2年もしくは3年間勉強して、その後択一試験と論文試験から新司法試験に合格、その後司法研修を経て弁護士になるという方法を採ることになります。

なお、司法研修所を出てから弁護士会に弁護士登録しないと弁護士になれないのは昔から同じです。

大学生から法科大学院までに合格するための勉強時間は1500時間前後と計算。

法科大学院2年間ないし3年間で学ぶ授業数:週20コマ、25週間で1年500コマ、よって1000コマから1500コマと計算。

法科大学院から新司法試験に合格するための勉強時間:1回で合格すれば1500時間程度、2回かかると3000時間程度かかります。

いずれにしても司法試験を簡単に合格することは難しいことに変わりないです。

これから弁護士を目指される方は、大学を卒業してから法科大学院に入学しなければなりません。

大学で法律を学んだ方は法学既習者コースといって2年コースの大学院を、その他の方は原則法学未習者コースといって3年の大学院のコースを選択することになります。

法科大学院の入学試験には、まず共通の法科大学院の適性試験を受験します。そして次に各法科大学院が行う法律の知識を問う本来の法科大学院の試験があります。

適性試験は論理・分析・論文・表現力を問う試験などがあります。大学院の入学試験は憲法や民法などの法律の試験を課される大学が多いようです。

これは各大学によって異なります。また法科大学院の倍率は大学によって異なりますが、だいたい2倍から6倍程度の間に入っています。

法律科目試験は法律履修者コース(大学院2年コース)に課せられます。

憲法、民法、刑法、商法、民訴法、刑訴法、行政法の7科目のうち、採用する大学院の指定する科目だけ受験していただくような形になっています。

憲法と行政の公法系、民法と商法と民訴の民事系、刑法と刑訴の刑事系の3分野に分かれているところもあるようです。

ちなみに、法科大学院での学習期間は法律未履修者コースで3年、履修者コースで2年となっています。

法科大学院選びは重要といえます。新司法試験の合格率は大学によりかなり異なるからです。

できれば、東大、慶大、中大、京大、青学大、千葉大あたりが上位6大学といわれています。

法科大学院の入学倍率は中大が一番、新司法試験合格者数で慶大が一番、司法試験合格率で千葉大が一番といわれています。

この6大学に入学できることが新司法試験の合格に近づきます。

また法科大学院試験はデータが少なく、独学ではとても大変といえます。

一流の法科大学院に合格するためには、完全な独学ではなく、実績の高い通信教育(学校)を利用すると良いでしょう。

現に一流の法科大学院に合格されている方のほとんどは実績の高い通信教育(学校)を徹底利用しています。

法科大学院試験データの収集や難関法科大学院対策をするなら、早稲田セミナーの法科大学院合格講座をオススメします。

法律資格に合格実績のある早稲田セミナーとテキスト開発に自信のあるTACの協力タッグであなたの法科大学院合格を後押しします。

入学するに際して、まず法科大学院の合格のための情報が細かく書かれている無料の資料を手に入れておくことをオススメします。

資料には法科大学院の魅力、大学院ではどういう勉強をするか、司法試験、講座カリキュラム、合格体験記、講師紹介などの情報があります。

まず資料を1度眺めておき、法科大学院の入学に際してイメージをしておくと良いといえます。

早稲田セミナーの法科大学院講座の資料を請求しておきましょう。資料は下記から請求することができます。

資料請求⇒早稲田セミナーの法科大学院入学試験基礎講座

請求方法:リンクをクリック⇒同意するをクリック⇒法律の法科大学院・司法試験をクリック⇒フォームに必要事項を記入⇒確認して送信⇒終了

最近は新司法試験の合格率がかなり低下してきました。なんと年間25%程度、4人に1名しか合格できなくなってしまいました。

それでも優秀な法科大学院に合格し、しっかりやるべきことをやれば、新司法試験には確実に合格できます。

早稲田セミナーで難関法科大学院に合格された先輩方に続き、今度はあなたが合格する番です。

法科大学院を卒業し、新司法試験に合格できれば、最低でも弁護士にはなれます。

最低でも弁護士、条件がそろえば裁判官や検察官になれるチャンスもあります!

弁護士になるには、とにかくまず難関法科大学院に合格しなければなりません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連コンテンツ

資格の相談はこちら

「資格に関する相談をしたい」 「どの資格をとればいいかわからない」 「就職・転職に有利な資格をとりたい」 というような方向けの、資格の相談をできる公平中立な相談窓口があるので、ご紹介します。 ・・・

心理カウンセラーで活躍

カウンセラー資格取得後、資格をこのように活かしている方もいます。 当サイト管理人の友人でカウンセラー資格を取得し、活躍している方がいます。日立市在住(2013年末より葛飾区に転居)の村松裕香さん・・・

翻訳者になるには

今回は翻訳者になるにはというコラムです。 翻訳者になるには、翻訳学校のようなところに通い、指定の講習を終えた後に、翻訳会社に登録などをして、仕事のチャンスを待つという方法を取ります。 翻訳・・・

資格の取り方・活かし方ガイド最新版

最新の資格の難易度、資格の取り方、資格の活かし方などを知りたい方に朗報です。 本屋にも様々な資格ガイドが並んでいますが、若干タイムラグのある情報ばかりで最新の情報をなかなかつかめませんでした・・・


「弁護士になるには」のトップへ↑
「資格 難易度」のトップへ↑