資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ > 将来性の有望な資格

将来性の有望な資格

終活アドバイザーの難易度は3程度にしておきます。明確な資格というわけではないのですが、検定試験なども作られるようになりました。昨今の高齢化社会から作られた言葉でベンチャー企業などもこの言葉に目をつけて・・・
相続診断士の難易度は4程度ではないかと見ています。合格率は80%台半ばから後半くらいではないかと思われますが、保険業界の人が多く受験しているようで、保険会社の課ごと単位で取得を目指している方も多くなっ・・・
古民家鑑定士の難易度は4となっています。全員が合格する試験ではなさそうなので簡単な試験ではないなという気がします。 古民家鑑定士は古民家の評価をすることを目的に創設された資格となっています。日本・・・
支援教育専門士の資格は初級が2・中級を3にしておきます。受験資格は何とか取れそうですし、通信講座で資格が取得できますので、基本的には取得に苦労する可能性は低そうです。 発達検査などで発達障害と認・・・
MDRTの難易度を紹介します。とはいってもMDRTは試験ではないので、難易度は評価できません。最近保険屋さんとの交流が増えたということがあり、少し調べてみました。 MDRTはFP・ファイナンシャ・・・
介護福祉士 資格難易度 介護福祉士の資格難易度は4にしておきます。 介護福祉士の試験自体は難易度は高くないのですが、特定学校を卒業するなどの要件があります。試験範囲も広く簡単とはいえません・・・

カテゴリー「将来性の有望な資格」のトップへ↑