資格 難易度のTOPに戻る


MDRT 難易度

MDRTの難易度を紹介します。とはいってもMDRTは試験ではないので、難易度は評価できません。最近保険屋さんとの交流が増えたということがあり、少し調べてみました。

MDRTはFP・ファイナンシャルプランナーとよく比較されるのですが、FPは講習や試験を通れば取得できるのですが、MDRTは仕事の成果・厳密に言えば年間にどの程度の保険を売り上げたかということが重視されます。MDRTの入会基準は前年度の保険の売上額がおよそ3600万円以上・手数料で1200万円以上を売り上げた方が対象となります。だいたい日本の保険マンの上位3000名程度がここに入り、およそ年収2100万円程度の収入を稼いでいる営業マンが入ることができます。

ただ売り上げを達成するだけではなく、お客様の利益を最大限に考える・最高級の助言をできるようにする・機密の保持・お客様が適切な判断をできる情報を提供する・ふさわしい品行方正なども評価の対象になります。

これらの厳しい評価をクリアした者が、保険の中でも最高級のMDRTを付与される資格のある者となります。だいたい保険マンの上位1%のみの方がもらえる資格です。このMDRTの証明書を持っている保険の営業マンに担当をしていただければ、ほぼ間違いなく当たりの方と出会うことができ、保険を選ぶ・加入後のフォローなどでもストレスを感じる可能性が少なくなります。

またCOTになるとは前年度の保険の売上額がMDRTの3倍のおよそ11000万円以上・手数料で3600万円以上を売り上げた方が対象となります。さらにTOTになるとCOTの2倍の数字である22000万円・7200万円くらいが対象になります。年収もだいたい3倍が必要になり、COTで6200万円以上、TOTで12400万円以上となっています。

こうなると異次元の世界となり、COTになるとMDRT取得者の10名に1名くらいの方、TOTになるとさらにCOTの5人に1人程度となってくるので、TOT取得者は保険マン全体の3万人に1名程度しかいないということになります。すごく希少です。

MDRTでも立派な保険のプロとして認定されますので、保険を仕事にしている方はまずここを目指すようにしていただきたいです。ちなみに外資の営業マンの方が成績優秀な方は多いようです。

関連コンテンツ

終活アドバイザー 難易度

終活アドバイザーの難易度は3程度にしておきます。明確な資格というわけではないのですが、検定試験なども作られるようになりました。昨今の高齢化社会から作られた言葉でベンチャー企業などもこの言葉に目をつけて・・・

古民家鑑定士 難易度

古民家鑑定士の難易度は4となっています。全員が合格する試験ではなさそうなので簡単な試験ではないなという気がします。 古民家鑑定士は古民家の評価をすることを目的に創設された資格となっています。日本・・・

相続診断士 難易度

相続診断士の難易度は4程度ではないかと見ています。合格率は80%台半ばから後半くらいではないかと思われますが、保険業界の人が多く受験しているようで、保険会社の課ごと単位で取得を目指している方も多くなっ・・・

支援教育専門士 難易度 

支援教育専門士の資格は初級が2・中級を3にしておきます。受験資格は何とか取れそうですし、通信講座で資格が取得できますので、基本的には取得に苦労する可能性は低そうです。 発達検査などで発達障害と認・・・

ブライダルコーディネータという仕事があります

ブライダルコーディネータという仕事があります。通信講座に検定試験を通れば、ブライダルプランナー検定試験に合格すれば、結婚式場などで働くことができます。ただ検定試験の難易度は高くありません。 ブラ・・・

高卒認定試験 難易度

高卒認定試験の難易度はどのぐらいか? 高卒認定試験の難易度は受験する人によって大きく異なります。 長く勉強から離れてしまった方やすぐに高校を中退して基礎的な勉強に自信のない方にとっては難し・・・

介護福祉士 資格難易度

介護福祉士 資格難易度 介護福祉士の資格難易度は4にしておきます。 介護福祉士の試験自体は難易度は高くないのですが、特定学校を卒業するなどの要件があります。試験範囲も広く簡単とはいえません・・・


「MDRT 難易度」のトップへ↑
「資格 難易度」のトップへ↑