資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  将来性の有望な資格 > 古民家鑑定士 難易度


古民家鑑定士 難易度

古民家鑑定士の難易度は4となっています。全員が合格する試験ではなさそうなので簡単な試験ではないなという気がします。

古民家鑑定士は古民家の評価をすることを目的に創設された資格となっています。日本の気候風土に合った持続可能な住環境を次世代に継承していく為の知識と経験を兼ね備えていく必要があるという感じになっています。

古民家鑑定士に求められることは古民家が長期耐用住宅であることをユーザーへ伝えることで、古民家を残していけるように社会的認知の促進を図っていくことで、伝統資財を活用した住宅、店舗の設計、施工などの提案を行うことを目的にしています。

民家の解体された古民家などの建物から産出される木材や瓦・その他の資材を建築分野において再活用するための専門的な知識を身につけていくことで、持続可能な建築物の調査や再活用の提案を行う事を業とすることで未来の子ども達に残すべき日本の住文化を守り・活かし・伝えていくことが大事となっています。

古民家鑑定士試験の試験内容は講習と認定試験となっています。3時間程度の講習とその後1時間程度の認定試験となっています。講習は都内や横浜だけでなく静岡・名古屋・札幌・仙台・大阪・広島・福岡などの地方都市でも行われていますので、ほとんどの方が受験可能となっています。

古民家鑑定士有資格者は全国で1万人弱と割と多くいます。公式テキストや書籍を使って勉強することもできます。

古民家鑑定士は富裕層のマーケットを狙う方、一般のリフォームで疲れてしまった方を募集しています。

関連コンテンツ

終活アドバイザー 難易度

終活アドバイザーの難易度は3程度にしておきます。明確な資格というわけではないのですが、検定試験なども作られるようになりました。昨今の高齢化社会から作られた言葉でベンチャー企業などもこの言葉に目をつけて・・・

相続診断士 難易度

相続診断士の難易度は4程度ではないかと見ています。合格率は80%台半ばから後半くらいではないかと思われますが、保険業界の人が多く受験しているようで、保険会社の課ごと単位で取得を目指している方も多くなっ・・・

支援教育専門士 難易度 

支援教育専門士の資格は初級が2・中級を3にしておきます。受験資格は何とか取れそうですし、通信講座で資格が取得できますので、基本的には取得に苦労する可能性は低そうです。 発達検査などで発達障害と認・・・

MDRT 難易度

MDRTの難易度を紹介します。とはいってもMDRTは試験ではないので、難易度は評価できません。最近保険屋さんとの交流が増えたということがあり、少し調べてみました。 MDRTはFP・ファイナンシャ・・・

ブライダルコーディネータという仕事があります

ブライダルコーディネータという仕事があります。通信講座に検定試験を通れば、ブライダルプランナー検定試験に合格すれば、結婚式場などで働くことができます。ただ検定試験の難易度は高くありません。 ブラ・・・

高卒認定試験 難易度

高卒認定試験の難易度はどのぐらいか? 高卒認定試験の難易度は受験する人によって大きく異なります。 長く勉強から離れてしまった方やすぐに高校を中退して基礎的な勉強に自信のない方にとっては難し・・・

介護福祉士 資格難易度

介護福祉士 資格難易度 介護福祉士の資格難易度は4にしておきます。 介護福祉士の試験自体は難易度は高くないのですが、特定学校を卒業するなどの要件があります。試験範囲も広く簡単とはいえません・・・