資格 難易度のTOPに戻る
「資格 難易度」トップ >  将来性の有望な資格 > 終活アドバイザー 難易度


終活アドバイザー 難易度

終活アドバイザーの難易度は3程度にしておきます。明確な資格というわけではないのですが、検定試験なども作られるようになりました。昨今の高齢化社会から作られた言葉でベンチャー企業などもこの言葉に目をつけています。

終活アドバイザーは人生の終わり・つまり死というものをどのように迎えるか、また残された家族の方がどのような準備をしておくかということをアドバイスする専門家というところでしょうか。

具体的には葬儀・お墓・遺産相続・保有資産の管理・医療・介護・老後の生活費などがどうなっているか・どのようにしていくかなどを家族の方と一緒に考えていきます。その上でご家族の方にベストの方法を伝えていきます。家族の方にとっては重要なことですので、この終活アドバイザーはとても責任のある仕事だなと思っています。

終活アドバイザーは葬儀・介護・相続などともつながりますので、医療・介護・葬儀・FPなどの方が取得しておくと仕事の幅が広がるかなとも思われます。また遺品整理などで活躍されている方が資格を取得することで幅が広がるかなと考えています。

終活アドバイザー検定試験はNPO法人ら・し・さ終活アドバイザー協会が主催しています。講座の好き嫌いなどの相性もあるかなと思われますが、この検定試験の取得はユーキャンの講座終了と同時に取得できるというメリットからもここではユーキャンの終活アドバイザー講座を紹介します。

現在はユーキャン以外ではほぼ資格を取得できませんので、どうしても終活アドバイザー資格を取得するとなるとユーキャンを外すことはできないのかなとも思われます。

ユーキャンはほとんどの方が知っている人気の通信講座となっています。知名度がありますので、安心して勉強することができます。

ユーキャンは分かりやすさを一番に考えています。テキストも見やすくなっていますし、図や表・イラストなどを多用してるので、勉強のイメージがつかみやすくなっています。日々の勉強がしやすくなることで、机に向かえる時間を多くすることができ、結果的に合格しやすくなっています。ここはユーキャンの講座全般にいえることです。勉強から離れてしまっている中高年者の方も勉強がしやすくなっています。

通信添削課題も充実していますので、課題は提出していただきたいです。課題を提出しないと催促が来ることもありますので注意をしていただきたいです。

分かりにくいところはメールで丁寧な対応をしていきます。日々の学習が続けられるようにフォローをしていきます。

あとはあなたが合格に向かって勉強をしていくだけです。終活アドバイザーは通信講座のみで取得できます。講座内容から理解の早い方であれば3か月程度・遅い方でも8か月程度で「やる気をなくす・諦める」ということがない限りは取得できますので、粘り強く勉強することが大切です。年配の方は特にユーキャンの質問などのサポートなどを上手く活用しましょう。丁寧な対応をしてくれるはずです。

受講の前にまずユーキャンの終活アドバイザー講座の資料請求をしておくことをオススメします。資料には販売士の魅力・資格を活かせる業種・講座内容・合格体験記などがあります。その中でも合格体験記はとても重要です。合格者がどうやって勉強したかを知ることができますので、この合格体験記だけは目を通していただきたいです。

ユーキャンの終活アドバイザー講座の資料請求は下記から請求できます。まずは下記リンクをクリックし、ユーキャンのページ内に入ることができます。次に右側の赤枠の全講座一覧をクリックします。そして介護福祉保育部門の一番下にある終活アドバイザーをクリックして講座のページ内に入ります。次に青の資料請求をクリックします。次に氏名や住所・メルアドなどの情報を記入し、確認して送信します。するとあなたの手元に10日ほどで資料が届きます。送られてきた資料をじっくりと見た上で、講座内容があなたの相性と合っていると感じたら受講をしていただきたいです。

こちらから→【PC用】ユーキャンの全講座一覧

ユーキャンの終活アドバイザー講座を取得し、人生の終わりをどう迎えようかと悩む高齢・年配の方やそのご家族の方の方の支援をしていただきたいと考えています。若い方よりも人生経験のある中年以上の方に向いている資格かなとも思われます。活躍を期待します。

最後までおよみいただいてありがとうございました。

関連コンテンツ

古民家鑑定士 難易度

古民家鑑定士の難易度は4となっています。全員が合格する試験ではなさそうなので簡単な試験ではないなという気がします。 古民家鑑定士は古民家の評価をすることを目的に創設された資格となっています。日本・・・

相続診断士 難易度

相続診断士の難易度は4程度ではないかと見ています。合格率は80%台半ばから後半くらいではないかと思われますが、保険業界の人が多く受験しているようで、保険会社の課ごと単位で取得を目指している方も多くなっ・・・

支援教育専門士 難易度 

支援教育専門士の資格は初級が2・中級を3にしておきます。受験資格は何とか取れそうですし、通信講座で資格が取得できますので、基本的には取得に苦労する可能性は低そうです。 発達検査などで発達障害と認・・・

MDRT 難易度

MDRTの難易度を紹介します。とはいってもMDRTは試験ではないので、難易度は評価できません。最近保険屋さんとの交流が増えたということがあり、少し調べてみました。 MDRTはFP・ファイナンシャ・・・

ブライダルコーディネータという仕事があります

ブライダルコーディネータという仕事があります。通信講座に検定試験を通れば、ブライダルプランナー検定試験に合格すれば、結婚式場などで働くことができます。ただ検定試験の難易度は高くありません。 ブラ・・・

高卒認定試験 難易度

高卒認定試験の難易度はどのぐらいか? 高卒認定試験の難易度は受験する人によって大きく異なります。 長く勉強から離れてしまった方やすぐに高校を中退して基礎的な勉強に自信のない方にとっては難し・・・

介護福祉士 資格難易度

介護福祉士 資格難易度 介護福祉士の資格難易度は4にしておきます。 介護福祉士の試験自体は難易度は高くないのですが、特定学校を卒業するなどの要件があります。試験範囲も広く簡単とはいえません・・・