資格 難易度のTOPに戻る


会計資格の難易度

会計資格の難易度を紹介していきます。難易度の高い資格もあります。

まず会計資格の最高峰の資格として公認会計士試験があります。難易度は依然として高く9程度となっていますが、択一試験や論文試験とも試験科目の負担も減って受けやすくなりました。ただ合格者なども減ったため、合格率が下がりました。

また公認会計士資格は論文試験の合格に監査法人の実務経験が必要ですが、実務経験を積める人は半数程度と狭き門になっています。

そこで実務を積めなかった方の救済のために、税理士資格を付与することによって、最低限の担保を確保できるようにしています。公認会計士試験も資格試験の専門学校などを使い、戦略的に勉強すれば2・3年で合格できる試験となっています。

次に難易度の高い資格は税理士試験となっています。難易度は8程度となっています。税理士試験は科目合格制度を採っていますが、科目ごとの難易度は公認会計士試験を大きく上回ります。

科目ごとの合格率は15%程度となっています。試験自体は難しいですが、合理的な勉強をしていけば、十分に2・3年程度で合格できるところまで行くことができます。試験の合格に会計事務所の実務経験を2年間積むことによって、資格を取得することができます。

あとは会計資格の定番の簿記検定試験があります。誰もが知っている資格です。難易度は1級が5、2級と3級が3、4級が2程度となっています。合格率は1級が10%前後と低く、2級は30%・3級は50%前後となっています。

簿記の力をつけることにより、公認会計士や税理士、さらに社労士や中小企業診断士などの上位の資格の取得もしやすくなります。あらゆる会計資格の基礎となるので、魅力的な資格といえます。

もう一つ最近注目されている資格としては、米国公認会計士資格があります。これはアメリカの公認会計士試験で週単位で実務を行うことができます。難易度も公認会計士試験や税理士試験よりははるかに落ちて5程度といえます。

USCPA資格は今なら1年くらいの勉強で取得できます。試験は英語で出題されますが、パターンさえつかめば難しいことはありませんが、特徴のある試験といえますので、短期合格を目指すのであれば、国際会計資格の専門学校で集中的に学習をしてしまった方が無難といえます。

その他の資格としては、監査の国際資格であるCIA資格、アメリカの税理士試験ともいえる米国税理士試験、建設業の従事者にとって欠かせない資格の一つである建設業経理士資格、税の知識を理解していく税法能力試験、ビジネスの会計学を学ぶビジネス会計試験、国際会計の基準となっているIFRS
検定試験
などがあります。

難易度はいずれの資格も4から5程度と標準的なレベルの資格となっていますので、大半の方に合格のチャンスがある試験といえます。

会計資格の予備校などで、試験の知識に直結する知識と、間接的につけたほうがいい知識などを勉強して、できるだけ早めに合格していただきたいと考えております。

関連コンテンツ

工業系資格の難易度

工業資格の難易度を紹介します。数多くの資格がありますが、代表的な資格だけを紹介していきます。 工業系の資格の中でもっとも人気なのが危険物取扱者です。難易度は3から5程度となっています。人気の乙4・・・

フード資格 難易度

フード資格の難易度を紹介します。食を作る・栄養のアドバイスをする・健康を創る・ワインや嗜好品などの資格もここには入っています。 食品関連資格の中でも最近注目されているものとして、マクロビオティッ・・・

セカンドキャリアの資格難易度

セカンドキャリア資格の難易度を紹介します。定年後にもう一度輝きたいという方のための講座を紹介します。 セカンドキャリアの中で、もっとも魅力的な資格は中小企業診断士講座となっています。難易度は7か・・・

インテリア資格の難易度

インテリア資格の難易度を紹介していきます。 インテリア資格の中でもっとも難しい資格はインテリアコーディネータです。難易度は6程度となっています。試験合格者の大半が女性の資格となっています。誰もが・・・

心理系資格の難易度

心理系資格の難易度を紹介していきます。数多くの心理系資格がありますが、代表的な資格を紹介していきます。 心理系資格の中でもっとも人気のある資格は臨床心理士という資格です。難易度は4程度あります。・・・

経理資格 難易度

経理資格の難易度を紹介していきます。 まず経理資格の代表としては簿記検定があります。難易度は1級が5、2級が4、3級が3、4級で2程度といえます。簿記検定の取得や就職や転職のアピールになるとも言・・・

福祉資格の難易度

福祉資格の難易度を紹介していきます。 福祉資格の中でも人気なのが介護福祉士です。難易度は4から5程度になっています。介護実務などを全般的に問われます。半年から1年程度の勉強期間で大半の方が取得で・・・

IT資格の難易度

IT資格の難易度を紹介していきます。 IT資格の中でも、基本的な資格で人気のある資格がMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)となっています。MOSの難易度はスぺシャリストが2、エキス・・・

ビジネス資格の難易度

ビジネス資格の難易度を紹介していきます。 ビジネス資格の定番は中小企業診断士といえます。中小企業の診断をしたり、自らも事業家として人を使って活躍できる資格です。難易度は7程度となっています。択一・・・

経営資格の難易度

経営資格の難易度を紹介していきます。難易度の高い資格が多いです。 経営資格の中でもっとも有名な資格は中小企業診断士、難易度は7程度となっています。中小企業診断・経営のスペシャリストなどとなってい・・・

法律資格の難易度

法律資格の難易度を紹介していきます。かなりの資格が該当します。 もっとも王道の資格は司法書士といえます。難易度は8.5くらいといえます。試験科目は11科目、択一試験と書式のみでかなりの難問揃い、・・・

国際資格の難易度

国際資格の難易度を紹介していきます。実務的で魅力的な資格がとても多くなっています。 もっとも人気の資格はUSCPA資格、米国公認会計士資格となっています。アメリカの公認会計士で、難易度は5程度と・・・

不動産資格の難易度

不動産関連資格の難易度を紹介していきます。不動産資格の中でもっともポピュラーな資格は、宅建資格で、以下不動産鑑定士、司法書士、建築士1級・2級、測量士、測量士補、土地家屋調査士、木造建築士、マンション・・・


「会計資格の難易度」のトップへ↑
「資格 難易度」のトップへ↑