資格 難易度のTOPに戻る


福祉資格の難易度

福祉資格の難易度を紹介していきます。

福祉資格の中でも人気なのが介護福祉士です。難易度は4から5程度になっています。介護実務などを全般的に問われます。半年から1年程度の勉強期間で大半の方が取得できます。この資格があると介護職ではかなり重宝されるのではないかということです。グループホームやデイサービスなどの求人は多いです。

もう一つ社会福祉士があります。この資格も難易度は4となっています。障害者の介護などを行う資格となっていて、福祉・心理・行政などを幅広く学んでいきます。行政や福祉関係などの職場でニーズが高そうです。ただ資格と仕事の特性上、社会福祉士よりも介護福祉士の方がニーズがあるような感じがします。

あとはホームヘルパー2級に代わる介護職員主任者研修となっています。介護の現場でもっとも必要で、基本的な資格となっています。難易度は2程度となっています。2・3カ月の講習で資格を取得できるので、介護業界に就職を希望する方はまずこの資格を取得しておくことをオススメします。

そして介護職で重宝される管理職資格のケアマネジャー、介護職の定番といえます。難易度は4から5程度といえます。入居者のケアプランとスタッフ管理などの仕事をしていきます。介護分野と医療保健分野からの出題となっています。試験と講習を受ければ資格を取得できます。介護の現場で長期働いている方は取得しておくとメリットがありそうです。

介護職に関連する業務としては介護事務という資格もあります。難易度は2程度、介護施設で働く事務員の方のことをいいます。受付や介護スタッフのお手伝いなどをしていきます。最近注目されている資格で、若い主婦の方などを中心に取得をする方が増えているようです。

福祉系の資格の中でも横綱級の資格は看護師です。看護師試験の難易度は4程度ですが、2年程度の養成所での講習もありますし、なかなか厳しい勉強があります。就職してからの仕事も厳しいですが、ニーズはとても多く、就職や転職はかなりあります。夜勤などの不規則勤務も多く、スキルと人間力・体力・精神力なども必要な厳しい仕事となっています。離職率も高く、つねに求人のある職業となっています。

あとは産婦人科の看護師の助産師もニーズがあります。難易度は3から4程度となっています。出産などに立ち会ったり、中絶などの手伝いをする専門家で、産婦人科などになくてはならない人材となっています。

あとは歯科衛生士となっています。患者の処置やアドバイスなどを行う歯科医院の看護師のような専門家です。求人は常に山のようにありますが、離職率が看護師の2倍から3倍もあるため、ずっと募集があるような状態です。接客能力や手先の器用さなども求められますので、総合的な仕事力を要する難しい仕事といえそうです。

その他の福祉職としては、病院の受付や診療補助をする医療事務歯科医院の事務を担当する歯科助手病院の検査担当の臨床検査技師病院の治療器具などのメンテナンスをする臨床工学技士、臨床工学技師の歯科版の歯科技工士、地域の健康診断などを担当する保健師などとなっています。ただこの中には供給過多気味、就職も厳しい資格もありますので、注意が必要といえます。

医療や介護・福祉業界は高齢化社会を担う専門家となっていますので、これからとても必要な人材となっています。福祉職で働きたい方は仕事がどんどん来る可能性があります。とても魅力的な業界といえます。

関連コンテンツ

工業系資格の難易度

工業資格の難易度を紹介します。数多くの資格がありますが、代表的な資格だけを紹介していきます。 工業系の資格の中でもっとも人気なのが危険物取扱者です。難易度は3から5程度となっています。人気の乙4・・・

フード資格 難易度

フード資格の難易度を紹介します。食を作る・栄養のアドバイスをする・健康を創る・ワインや嗜好品などの資格もここには入っています。 食品関連資格の中でも最近注目されているものとして、マクロビオティッ・・・

セカンドキャリアの資格難易度

セカンドキャリア資格の難易度を紹介します。定年後にもう一度輝きたいという方のための講座を紹介します。 セカンドキャリアの中で、もっとも魅力的な資格は中小企業診断士講座となっています。難易度は7か・・・

インテリア資格の難易度

インテリア資格の難易度を紹介していきます。 インテリア資格の中でもっとも難しい資格はインテリアコーディネータです。難易度は6程度となっています。試験合格者の大半が女性の資格となっています。誰もが・・・

心理系資格の難易度

心理系資格の難易度を紹介していきます。数多くの心理系資格がありますが、代表的な資格を紹介していきます。 心理系資格の中でもっとも人気のある資格は臨床心理士という資格です。難易度は4程度あります。・・・

経理資格 難易度

経理資格の難易度を紹介していきます。 まず経理資格の代表としては簿記検定があります。難易度は1級が5、2級が4、3級が3、4級で2程度といえます。簿記検定の取得や就職や転職のアピールになるとも言・・・

IT資格の難易度

IT資格の難易度を紹介していきます。 IT資格の中でも、基本的な資格で人気のある資格がMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)となっています。MOSの難易度はスぺシャリストが2、エキス・・・

ビジネス資格の難易度

ビジネス資格の難易度を紹介していきます。 ビジネス資格の定番は中小企業診断士といえます。中小企業の診断をしたり、自らも事業家として人を使って活躍できる資格です。難易度は7程度となっています。択一・・・

経営資格の難易度

経営資格の難易度を紹介していきます。難易度の高い資格が多いです。 経営資格の中でもっとも有名な資格は中小企業診断士、難易度は7程度となっています。中小企業診断・経営のスペシャリストなどとなってい・・・

会計資格の難易度

会計資格の難易度を紹介していきます。難易度の高い資格もあります。 まず会計資格の最高峰の資格として公認会計士試験があります。難易度は依然として高く9程度となっていますが、択一試験や論文試験とも試・・・

法律資格の難易度

法律資格の難易度を紹介していきます。かなりの資格が該当します。 もっとも王道の資格は司法書士といえます。難易度は8.5くらいといえます。試験科目は11科目、択一試験と書式のみでかなりの難問揃い、・・・

国際資格の難易度

国際資格の難易度を紹介していきます。実務的で魅力的な資格がとても多くなっています。 もっとも人気の資格はUSCPA資格、米国公認会計士資格となっています。アメリカの公認会計士で、難易度は5程度と・・・

不動産資格の難易度

不動産関連資格の難易度を紹介していきます。不動産資格の中でもっともポピュラーな資格は、宅建資格で、以下不動産鑑定士、司法書士、建築士1級・2級、測量士、測量士補、土地家屋調査士、木造建築士、マンション・・・


「福祉資格の難易度」のトップへ↑
「資格 難易度」のトップへ↑